明けましておめでとうございます

2015003

Dsc_6991_01

Dsc_5233_01

2015001_2
今年もよろしくお願いします

| | コメント (3) | トラックバック (0)

或る日

2014_250_01
昨日、通りがかりにクマゲラの巣立ちに立ち会ったかと思えば

2014_250
今日は、目の前にクマさんが・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

笹枯れ

ご無沙汰~!

この春

流氷が連休まで居座ってたり

めっちゃ暑かったり寒かったり

以前の異常気象が日常的になってきて

まあ、そのおかげというか、何度か良い景色にも恵まれたんだけど

そうね~、なんとなく景色に違和感があったんですよね~

それがなんだか、あまり気にはしなかったんだけど

気が付いたら

もう、どこもかしこも、とりあえず、いつもの行動半径すべて

笹が枯れてました

まあ~見事と言うか

50年、60年に1度だの、100年に1度だのとか、不吉の予兆とかとも云われておりますが

すごいなぁ~~~、ここは単純に、自然の力に感動

一斉に枯れるとは聞いていたけど、ここまでとは・・・・・・どこまで枯れてるんだろう

今度の休みは笹枯れ見物!

とりあえず、元気です

またね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪融け進む

2014_36

まだまだ雪が残る山の放牧地にも

2014_43

随分と畑が顔出してきた

2014_34

ホンワカした夕暮れ

景色は、ね

実際は、先週と打って変わって、最高気温10度を超えた後に、また真冬日とか、寒い日が続いてる

今日も、振り向けば

海峡は真っ白!

流氷に埋め尽くされておりました、寒いはずだわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然

2014_227

今朝、空は一面、全て雲

のんびりしてたら

日の出の時刻、窓の外が真っピンク

ギャ~~~

慌てて外に出た

が、鮮やかだった光は、すぐに雲の中

ほんの隙間、まあ、気付いてから構えても遅いんだなぁ・・・

空の気紛れ

2014_224

そろそろ氷、融けたかな、と思って根室まで行ってみた

昨日は土曜日で、春先の撮影名所には、カメラがいっぱい

って、ちょっと混んでるのは、車が停められるとこだけで、まあ、お祭りのような状況ではない

ちょっと離れて景色を楽しむ

良い景色だな~

2014_225

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春霞

2014_191

わかっていたことだけど、大方の予想通り

春です

昨日今日、最高気温は+10℃近くまで上昇

今日は最低気温も、0℃を少し下回った程度

朝から空はどよよ~~んと鉛色

今にも雨が降りそうで、降らない

昼間、Tシャツにパーカーで外に出ても寒く無くて

畑の雪も、融ける融ける

もう一回、春です

2014_192

鉛色の空から、少し優しい色の空になり

中国のPM2.5 ? とかの噂もありますが

どちらかといえば、黄砂??の雰囲気もあり

いつだったか、ロシアの大規模森林火災の時も、こんな空だったなぁ

2014_189

なんにしても

春の空

2014_193

夕方になって出てきた太陽さん

春霞の中、穏やかな灯りで、まるで満月のように浮かんでた

2014_194

定番の場所で

ホント、いつもここ来ると、美瑛だよな~、って

今日は霞んで、この画に入り込むはずの阿寒の山が見えないから、余計に美瑛の感じが強い

でも、そんなこと言ったら、この場所に失礼ですね

あっちがここに似てるのさ、って言ってるかも

2014_196

とか言ってるうちに

そろそろ灯りも弱くなり

いやいや

いい空気に包まれております

ここはMamiya6で写したかったな~、こういうの、メッチャ良い色出るのよ~

最近は、まったく出番無しなんだけどね~

2014_44

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三段変形

2014_111

さて、やっぱり戻って来ちゃった

いやいや、来るでしょ、絶対、この場合、いい~天気!

ま~、残念と言えば、この目の前の水が凍ってしまったことだね~

しゃ~ないけどさ

2014_112

一夜が明けても、海は変わらず、どこまでも流氷

日の出はどうかなぁ

雰囲気的には眩しそうで、ちょっと期待薄だけど・・・

2014_117_2

出た

出たけど、直前に思ってた位置と微妙にずれてて、構図がイマイチに

どうしようかな~、ま、いいか、このままで・・・~~~~~~って

2014_137

出た~~~~~!

ウソ~~~~~!

昨年10/19以来(ブログ未UP)の、ド変形パターン

え~~~、この眩しさで、この状況

嬉しいような、悲しいような、ま、とりあえずこうなったら、もう動けません

2014_119

2014_120_2

2014_121_2

2014_122

2014_123

2014_124

2014_125

2014_126

2014_127

2014_128

2014_129

2014_130

2014_131

2014_132

2014_134

2014_136

2014_138

2014_139

2014_140

まさかの三段変形

眩しく無かったら 大傑作になれたかも しれないね~

ま~、だからこそ、いつまでも楽しいんだよね、きっと

2014_10

それはそうと、流氷の海

朝はやっぱり、格別

2014_145

冷えてはいたのだけど、霞むわけでもなく

気嵐もなく

明瞭な蜃気楼も見えない

ホントに、こんな日に、何でこんなにド変形???

わかんない!

2014_146

ちょっと面白い氷紋

2014_148

もうちょっと、見てようかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春遠く

外は吹雪

いわゆる「彼岸荒れ」で、これが収まれば春

・・と、わかっているものの、いや~~、まったく、真冬だ

2014_65

3/15・16・17・19・20日と、時間があれば海まで行ってた

なにせ先週のチョイ荒れが主に東風で

そこまで春が来てるってのに、ここにきて根室海峡・標津の海を埋め尽くすほどの流氷

これにはちょっと、感動した

ま~、さすが素人

なかなか上手いこと撮れないんだなぁ、これが

順不同で・・・

2014_04

なんとか水の見えるところで落着くと、もう夕暮れの知床連山

2014_78

クナシリまで歩いて行けそう

って、表現はいつものこと 、沖に行くとかなり流れているので実際はどんなもんだかわかりませんが

でも、1日くらいは、落ちても大丈夫な格好してたらホントに行けたかも・・・ま、行っちゃったらタイホされちゃうけど

2014_08

光が優しくなって

2014_87

日が落ちる

2014_88

流木

遠景ばかりなので、とりあえず

2014_90

ウナベツ黄昏

2014_92

奥の光はロシア

2014_94

街の灯と、流れ星

流氷流星、 もうちょっと長いとね~~~でもラッキー

2014_53

そうこうするうち、お月様

2014_97

一度、真っ暗になった後、再び景色が戻る

明るいね~

2014_100

さて、帰ろ

でもこの天気

結局またすぐ、出直すことになりそう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斜里は大雪

2014_19_2

山を越えて、道路を走ってたら

あっ?気車?  

シャッターチャンスにはちょいと遅れて、パチッ

ここにもSL走らせたいね~

斜里岳・流氷・・・追っかけもすんごいことになりそうだけど

2014_07

ウナベツ岳

真っ白!

斜里岳の麓や、斜里の街中、なんか今年は景色が違う

毎年しょっちゅう来てる訳じゃ無いから、曖昧な印象ではありますが

どっちかと言えば、雪の量は、この辺と変わらないイメージ

ところが

普段開いてる道が行けなかったり、道路脇がとんでもない雪壁になってみたり

そういえば先月の大雪、ウトロも凄かったよね~

今年の斜里は一味違う

2014_05

メーメーさん

2014_06

ベーカリーも、けっこう、雪の中

でも、と~っても良い感じの佇まいになってましたよ~

好みもあるんでしょうが、ここはホントにイイお店

2014_25

きまぐれ「店長」悠然と散歩

遠く流氷の海

2014_09

海に出てみたら・・・海と言うより、雪原でしたね~

いや、その、幻日が出ていて

ま、結局、撮れる場所まで移動するうちに、というか、移動したから?か・・・色が薄くなってしまいました

で、そのまま夕日見物

2014_11

だけど、後で考えてたら、ここまで来る途中の方が、流氷っぽい景色だったんだよなぁ

と、少しだけ残念

でも十分キレイだったからこその後悔ね

2014_77

ところで、週末の根北峠、駐車場いっぱいでした

ボーダー、スキーで大賑わい

先月の藻琴山も上下駐車場満杯だったし

増えたな~~~~~~~

いつも何でこんなに静かなの? ・・・と書き続けてきたけど

こうなってはもう、自慢できませんね~、残念!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

倒壊危機

2014_22

この湯小屋、かなり朽ちてまいりました

湯舟も一つは天井が落ちて

もうひとつも、けっこうな汚れ方

他人の持ち物だから、どうしようもないですね~

2014_33

お湯は健在

海か?ってくらいの超食塩泉で、温度も快適

ま、大昔は海だったんだから、ほんとに海水なのかもしれない

こんな良い湯がほったらかしとはね~

田舎はスゴイ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«千載一遇