« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

温泉懐古

Sep29542

そういえば、高原温泉には、以前こんなヒュッテがあった。

紅葉の山と温泉の噴気に良く馴染んで、まるで、お伽の国のような、とってもいい雰囲気を醸し出してたのよね。

そうねぇ、ここと、愛山渓のヒュッテ、あと、幌加温泉の自炊棟。登山者の憩いの(癒しの)宿だったな~。

若き日のオイラが温泉に嵌ったのも、愛山渓ヒュッテでランプのお風呂にはいったのが、そもそも始まりだったような・・。ま、その前から、なんとなく温泉は好きだったけどね。

ここ、いつまで、あったっけ?気が付いたら無くなっていました。とてもとても残念~。

夜中に着いて、よく"盗み湯"してた、愛山渓のランプのお風呂も、とっくに無いし・・・・・って、もう時効だよね、ゴメンなさい。

ホロカ温泉自炊棟は、営業しなくなっても、(湯船のとこが流されるまではなんとか使えたようけど)鹿の谷さんが自炊になって格安で泊まれる様になっていたので、今でもなんか、ある意味、昔のまんまですね。静かになったらまた泊まりに行こうっと!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

シメジごはん

Imgp6620_2 そうね~、きのこ料理いっぱいあるけど、これが好きなのよー。今日も少し収穫していただきました。シメジご飯に、油炒めに、きのこ汁。まあ贅沢!ごちそうさま。

そういえば、昨日帰りに寄った鹿の谷でも、登山の宿泊者が、山のようなきのこを持ち帰り調理されていましたわ。時期ですね~!こうなるともう登山どこではない??いやいや、あくまでオマケ。

Imgp6571 きのう、沼巡り一周りできたので、久しぶりにコース上にあるお湯に触ることができた。といっても浸かる気は全く無い。温度がぬるっちょいし、湯量が少なく湯溜りもヌルヌル。先人はここを、"奥ヤンベ温泉"と名付け入湯したようだが・・・、二度と来られないような場所なら、なにがなんでも浸かってくるんだけどナ、ここは、ま、いっか。と、何度も来てるけど未湯。手湯だけね。

ところで、この画像の雰囲気は、ここに来る林道途中の湯にそっくりですね~、でも、あんな大きくないよ。

上のお湯を通り越し、チョイト歩くとImgp6595 こんなとこに出て来る。いやー、このお湯にはホント、ゆっくりのんびり浸かってみたいな~~~!ボコボコ湧いてるし、下の川原は湯船作り放題みたいな感じだし・・・。

でもね、危険に付き立入禁止なのじゃ!!!

残念ですね。でも、命がけで入ってもね~、数屋では無いので・・。立入禁止は守ろうね。

Imgp2030 命がけといえば、少し離れたところにあるこれ。少量のお湯が勢い良く噴出してる・・、接写しようとグっと寄ったところ、いきなりクラっときて全身に悪寒が!反射的に遠ざかって事無きだったけど、アブナイアブナイ。たぶん、お湯といっしょに匂いの無い硫化水素が噴出していたんだと思う。

知らないところは、気を付けましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初雪降って、そして晴れ

昨日、大雪山では初雪がふったそうな。そして今日の天気予報は晴れ!これは出かけるしかありません。朝3時半、気合を入れて出発。向かった先は、やはりいちばんの名所"高原温泉"です。マイカーから7時のシャトルバスに乗り換えて7時20分頃着いたんだけど、あれれれれ・・まだ温泉周辺、あんまり色付いておりません。やはり暑かったせいかな~、でも、銀泉台は普通だったし・・。Imgp6216 と、まあ、あれこれ考えながら、出発前の儀式、くまレクチャー。ところが、いつもはチャッチャと終わるのに今日は長い・・ほんとに長い!というのは、平日だけど沼めぐり1周開放したのと、先日監視員の方がクマとニアミスした後、転んで骨折されたようで、そんなことで長くなったようですね。

Imgp6231 レクチャーを終え、歩き出したらまあ、なんだか体が軽い。ただ、早く山が見たいだけなんだけどね。先行く人生の先輩方を追い越し追い越し・・・30分程で緑沼。見えましたよ!白雲は真っ白、緑岳もうっすらと雪化粧!!かっこい~!ここは絵になるね。

ただ、紅葉が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山肌ののナナカマドが、上の方は雪でやられたのか、あまり紅葉せずに枯れ色。樹林帯はまだこれから・・。今年はかなり残念なことになっているようですねー。

Imgp6384 それでもまあ、それなりに美しい。ここは、式部と大学の辺りね。

この辺であっち行き~のこっち行き~の・・しばらくおりましたが・・。いやー、しかしお客さんの平均年齢・・・高すぎ!ほんと、ほとんど先輩といっていいかも。ま、あんまり人のこといえる年でもないんだけど・・。

Imgp6447_4 さて、今日はコース一周できるということで、平日限定の私としては久しぶりの空沼です。

いいですねー、ほんと、よく出来たお庭のよう。なんともいえない、そう、ちょっと安心する、癒される風景ね。

Imgp6509 しかーし、そう、どうにもこうにも、ナナカマド。

まあね、神様のすることやから、しゃーないわ!じゅうぶんキレイですよ!

のんびりしてたら、またビリになってしまった・・・・!下山15時でした。

Imgp9908

去年はよかったな~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩のおかず

今朝はめっきり冷え、ようやく秋本番!って感じになったようで。

Imgp6211 秋といえば・・・・きのこ! 

探しに(見に?)行ったら、うん、食べ頃食べ頃!。

シメジだよ。(ヒメジじゃないよ)

売っているものよりはるかにでかいのさ!

もちろん、味もぜんぜん違って、へっへ~、美味いンよ~旦那~!。

Imgp6213こうして見るとシメジでしょ。

今年は、出だしがが遅かったな~、やっぱ暑かったから?かしら。いつまでたのしめるかな~。

ま、とにかく、ご馳走さん!

秋だもんね、美味いもんいっぱい食べよう!

できればタダで!

Img3110 ところで、遠~~~い所で、期間限定風呂が開業してたんだって。

行けないうちに廃業になったみたい。

ようやるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

使えない!

昨日は層雲峡で泊まり。山に来て宿に泊まるなんて超久しぶり(・・鹿の谷以外ね)、そんなことだから朝おきると雨が・・・。ま、じゃあ、楽なところぼちぼちいこうか。ってことで、ぶらぶら歩いていると。

Imgp6082 そうそう、ここはいい温泉ね、泉質温度、ロケーションもワイルドで申し分ない!ただし、命の保証は・・・無い。

う~ん、無理。

(立入禁止です)

暑い日、この川に飛び込むのは有かも。この少し上でもお湯はいくつか湧いているのだが・・・

Imgp6097 ・・・ってんで、またぶらぶら歩いていると、そうそうこれこれ、あつ~い硫黄泉がジワ~っと湧いて。

すこし手間かければ、尻湯くらいは出来そうだが・・ここはお客さんいっぱいで、そんなことはとてもとても・・・無理。

手だけ、浸けてきました。

(いじったら自然公園法で罰せられます)

Imgp6171 そう、そもそもここの駐車場、真ん中からお湯が湧きだしています・・・。すごいですね~~~びっくりしますねー。

雨水が、地熱によって温められて、ここでまた染み出してる??だろうか・・・だけど何で駐車場なんだろう。

ここで裸は・・さすがに無理。

(いくらなんでも変人・奇人)

Imgp6187 んで、ここね。

見ての通りとてもいい感じの湯だが・・・

これがねー、使ったらダメなんよ。どうしても。

う~ん、残念残念。

使えない湯を、た~くさん見た日でした。

家に帰る途中、ご隠居が蕎麦を食したい、などと云うので駅前蕎麦屋のはしご。

Imgp6201 まずは、置戸の"いなだや"で鴨せいろ。

すんごい立派な店でしたねー、というか、置戸の街のメインストリート・・・すべて町並整備してあって・・・・・・・(いくら税金使ったんだろ・・?開き直りかしらん・・)ま、でも味!建物に負けてませんねー。蕎麦の食感が良いし、鴨汁がまあ、なんともいい味でした。

食器も、年季を感じさせていていい感じ!

Imgp6204 Imgp6207

                                             

次に来たのがこちら、訓子府の"風花亭"。わりに新しい店なんだろか、名前が今っぽいですね。

もりを注文。精錬された上品な蕎麦・・でしょうかかね。ここも、つゆが美味かったな~!

2軒とも、もう一回行って、新そばを食べてこよっと。蕎麦の味はその時に。

しかし、まあ、このご隠居。よく食べること!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第三雪渓 その2

Imgp6034_2  9/19の第三雪渓、先日の訪問から5日後に再訪です。

この日は、近所のご隠居さんを連れて、関西から来る新婚さんと、層雲峡で待ち合わせ。なので、どうせなら別の場所に紅葉を見に行きたかったんだけど・・・、あれこれ考えた末、同じ場所!

だいぶ葉っぱ、散ってしまったけど、でも、うん、全体としては今日の方がいいかも・・?  良かった良かった!

シャトルバスなので、ゆっくりできないのが残念ね。

それはそうと、どうも、オイラのこのデジカメ、壊れたっぽい???赤色のところがつぶれちゃって、なんか変ですね~。2度修理したけど、もう限界かしらん・・・。でも今は買えん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第三雪渓

天気が思わしくなく、あまり行く気も無かったのだが・・。結局、休日はまるで脅迫されてるが如く来てしまいます。Imgp5873 きのうのコマクサ平からの第三雪渓、今朝の北海道新聞に出ていましたね。そろそろピークかな。あんまり冷えてないようなんで、しばらく楽しめるかも。予報通りの天気でここには人影もなくて怖いくらい静か、まあ珍しいこともあるもんだ。なんて思いながら第一花園まで下りてきたら、そこには50人ぐらいの団体さんがおりましたわね。Imgp5905 やっぱりすごいや。

チングルマ、雨に濡れてなんだか良い感じ。

このまま冷えて凍ればスゲ~カッコイイのだが・・

そういえば、奥の平にキバナシャクナゲが咲いていた・・・何をしてたんでしょうかねー、今まで。

Imgp5813 登山口の駐車場に戻ったら、あはは、いつもかっこいい写真を撮っている"おとんちゃん"が来てて、しばし山談義に花が咲きました。山旅中の晴天を祈ります。

帰り、糠平で温泉。

いつもの無料クーポンで入浴。ホント"HO"は、いい雑誌だわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気が付けば紅葉シーズン

そう、もう9月も1/3過ぎている。無駄に時間を過ごしている訳ではないが、なんとなく気が焦る。気が付けば大雪山紅葉シーズン、さて、どこに行こうか・・・。

でも、ネットを見るようになってから思うンよ。ちょっと前までは、石北や三国を越えて(或は登山口で夜が明けたとき)初めて山肌の色付きが見えるわけで、そうなんだ、行くまでもワクワクドキドキ楽しかったし、良いものにぶちあたったら、そりゃもう大満足。

ところが今はさ、情報がありすぎて、行ってないのに、行ってきたような気分になってたりして。それはもちろん、何度も訪れていて、画像を見るだけでその場の空気を感じてしまうからなんだけど、なんか、あっちがいい・・、こっちがよかった・・、昨日の方が良かった・・とかとか、あれこれ比べてしまって、ちょっと純粋に出会った景色に感動できない・・ことがある。

じゃあ、見なきゃいいじゃん!なんだけど、限られた時間を有効に使うためにと、やっぱり情報を見てしまう自分が悲しい・・・。

しかし、しかし・・そんな思いも関係なく、時折、すごいモンをくれるんだよね~~。そんときゃ何も考えないし言葉も無い。だからやっぱり行くしかないのんね。

Imgp5368ss Imgp9616

上が2005、下が2006。ここ、山肌の紅葉としてはもう、まず日本一ね。

今年はどんなの見せてくれるでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »