« 直登沢 | トップページ | Fantastic Light »

カムイの森

マタオチ岳目指し、行けるとこまでと出かけたこの日だったが・・・入渓してほどなく、大物にぶち当たって大道草くってしまいました。

記事の中にキーワードが入ってましたね。「大木」「オショロコマがウジャウジャ」、大きな木に棲んで、魚を好む生き物といえば。

Imgp6743 シマフクロウ!

川をジャブジャブ歩いてたら突然目の前で「アサアサ」と、すごい羽音。

ぅわ!カムイだ!

川辺の木で昼寝してたんでしょうImgp6774、起こしてしまいましたね~。

あ~、飛んでっちゃう。と思ったらすぐ、30Mくらい先の木にとまってくれました。ラッキ~!凛々しいお姿デス。

夜ならね、近所の温泉旅館や羅臼の民宿とかで、よく見ることができるんだけど、野生のシマフクロウ(放鳥した半野生もいて、それは少し慣れてる)は昼間は出合ってもすぐ、どっかいなくなっちゃうんよ。夕方よく見かけた某孵化所も、ここ数年、行ってもはずればかりだし。

せっかくだから、しばらく見てようっと!

そのうち、だんだん欲が出てきて、う~ん、なんとか写真にとりたいなー。

で、一歩踏み出しては時間をかけ、少しづつ距離を詰めて。その度、相手は首を回したり羽がびくっと動いたり・・・そしてなんとか、オンボロ3倍ズームでも届く距離。うれしいですねー、こんなのがいるなんて。

Imgp6782

そのうち、また、昼寝を始めてしまいました。「アタシ眠いのよ!ほっといて!」と言ってるようね。

いやいや・・・マタオチ村は良いとこね!

そういえば、もうひとつの、黒いカムイ・・今日は影も形も見当たらなかった。どこでなにしてるんだか・・・。

|

« 直登沢 | トップページ | Fantastic Light »

」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野生」カテゴリの記事

コメント

よく見つけたよなあ、、って。 相手から見つけてほしいと声かけてほしいと言ってきたんだわ。こんどは、首がくるくる回る動画お願いしまーす。

投稿: かちょう | 2007年10月 5日 (金曜日) 午前 09時30分

カムイだね。
沢を歩いていて、そんな凄いのに会えてしまうんだから、マタオチの自然は素晴らしいものがあります。
知床だったら「ありそうだな。」って気がするけれど、マタオチって閉ざされた特異な環境じゃない普通のところだからね。

生態系の流れが途切れずに残っているって事は、“おやじ”だって普通にいるって事なのでしょう。
沢遡行の際は細心の注意を払わなければならない様です。

私の場合、一人では沢に入れないな~!
沢屋としては、泳げない、熊が怖い、で達人でもなんでもなく、へなちょこです。

投稿: marbo | 2007年10月 5日 (金曜日) 午後 03時54分

うん、飛び立たなかったら、知らないで通り過ぎてたかもねー。きっと"オヤジ"さんにも気付かずに・・・。
昨日、久しぶり(2ヶ月ぶり)に、仕事場にクマのウンコがありました。山から戻ってきたのでしょうか?
ここには普通にいるクマですが、なかなか姿は見せません。そのへんは、大雪や知床とかとは違うわね。

投稿: mataochi | 2007年10月 6日 (土曜日) 午後 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/8245787

この記事へのトラックバック一覧です: カムイの森:

« 直登沢 | トップページ | Fantastic Light »