« 真冬日 | トップページ | 暖かい朝   »

白き神の座

Nov26783 寒~~~い日が続いてます。

今朝はとうとう2ケタ・・、夜明け前で-12℃だったから、この写真の時間ではもっと冷えてたかも。なにせ、もう素手では外にいられない・・・って、それは年のせい?

北日本では大雪だ~吹雪だ~!と騒いでいたようだが、それこそ何処吹く風?  そう、太平洋側のこの地は雪が少ない。寒い=雪が多い ってことは無いのよね。まあ、一度ドカッと来たら、もう春まで融けないだろうけど・・。

そうそう、だから今、この山だけ・・・白い神様が住んでおられます。

もう、すぐにでも、この神さまは下界に降りてくるんで、残雪と初雪の頃限定の表題ですね。実はこのタイトル、先日"六花亭"(有名なお菓子屋さん)に置いてあった"相原求一郎"さんの画集の中にあったものです。なんだか、ちょっと切ないような・・重たい雰囲気が気に入ってしまい購入しちゃいました。

このタイトルを使いたくて、10月からこの景色を待っていたのだけど、今シーズンなかなか、雪の後すっきり晴れなくて・・・。

ようやく美しい姿を見せてくれました、"白き神の座"斜里岳。

Imgp8618

"六花亭"は、イイよね。

何がイイって、売ってるお姉さん(お兄さんもいる)達の接客が、どの店に行ってもイイ。

どこかのファーストフードの作り笑顔とはえらい違いだわ。

社員教育が徹底してるんだろね、今流行の、偽装問題なんて、絶対考えられない。

他のお店も見習って欲しいものです。

お役所の人達は、みんな一度教育してもらった方がいいかも。

|

« 真冬日 | トップページ | 暖かい朝   »

」カテゴリの記事

マタオチ村」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

いいね~!このタイトル。
斜里岳にぴったりです。

私的には、神様が降りてくる前に、会いにいってみたい。この季節の斜里岳には登ったことが無いものだから。

相原求一郎の画集の斜里岳は、きっと宇宙展望台近辺からの斜里岳ですよね。昔、麓に住んでいたときは、こんな斜里岳の姿をいつも見ていたんだよな~。
当時は、そこにあるのがあたりまえで、感動もなかった。なんともったいないことをしていたんだろう。

投稿: marbo | 2007年11月22日 (木曜日) 午後 11時14分

うん、斜里岳が斜里岳の形(イメージ的に)をしてるのはやっぱり清里からだと思います。
もちろん、何処から見ても強烈な個性で存在してるね。

ここの地平線は日本一、でも、在るのがアタリマエの風景って、ここいらの人達も、一度離れてみないと、その良さ、凄さが分からないかもしれませんね。

今日は・・・とってもいい景色だったろうに、お届けできず残念です。


投稿: mataochi | 2007年11月24日 (土曜日) 午前 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/9062604

この記事へのトラックバック一覧です: 白き神の座:

« 真冬日 | トップページ | 暖かい朝   »