« 寒ぅ! | トップページ | TRATTORIA Naccarino »

夜明けの屈斜路湖

Imgp9858おなじみ 美幌峠から見た景色。鮮やかな空の雲と、湖から湧き立つ雲が神秘的。けど今日は6/6持参なので忙しい。カメラをセットするやいなや雲に色が付き始める。もう、ぼ~~っと眺めてなんていられない・・・

もちょっと余裕で、静かに対峙したいもんだ。けど、ま、でも、この撮ってる瞬間が楽しいんだよね。写真家?・・としては至福のひととき。

うちから、わざわざ朝陽を見に来る場所としては、いちばん遠いかな。天気予報、温度、星とか見て、「今日はイイでしょう!」って、予測して出かけるんだけどさ、ちょっと遠いでしょ、真っ暗なうちから出かけるもんで、かなり走ってからじゃなきゃ状況はわかんない。こう、燃料代が高くなると、ある意味ギャンブル。

きょうは、うん!来てよかった。・・・空気のなかでキラキラ光るやつ、ほとんど無かったのが残念。また次回に期待。

Imgp9874 太陽がすぐ雲に入ってしまったので、湖面に下りてきました。

相変わらず凍ってなーい、ずいぶん冷えてるのに。なんだか不思議・・すっごい寒いのに、暖かい雰囲気なのよ、景色が。

Imgp9922_2

和琴にも雪はほとんどなくて、普通に散歩できました。

途中にあった芸術品、ここにはホントいろんなものがあって楽しい!

Imgp9927_2 和琴の先端、オヤコツ地獄。

どうやら、この氷は、温泉の湯気が岩に当たって凍ってるものらしい。

普通には、出来ないよね、こんなの。

 

Imgp0005_2 あんまり天気が良いので、砂遊びもしちゃいました。

このときにはもう霧も晴れ、日差しが強くなってぽっかぽか!

気持ち良い~。

Imgp0007_2 ご存知和琴の露天風呂。

樹氷のなかで入る露天風呂・・・冬でもちゃんと管理されていて快適。めっちゃ寒い早朝でも、けっこう人が来て入浴してます。好きだねぇ~~。

|

« 寒ぅ! | トップページ | TRATTORIA Naccarino »

太陽の世界」カテゴリの記事

景色」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

僕のブログに載せたJR北海道カレンダーと同じだね。トラックバックしてみてよん。

投稿: かちょう | 2008年1月13日 (日曜日) 午後 12時13分

初めて北海道を旅した時に、その雄大な眺めに感動したのが「美幌峠」でした。3月で屈斜路湖は真っ白に結氷していましたね。
一度ここで写真撮ってみたいけど、一元がちょこっと訪れた程度では、なかなかこんないい条件にはあたらないんだろうな…

投稿: おとんちゃん | 2008年1月13日 (日曜日) 午後 07時25分

ここ、冬の朝、何度か訪れていますが、遠いでしょ。峠の上まで行って夜明けを待つというのは年に2回くらいなもん。それでも、晴れてさえいればいつでもきれいです。道東、冬の朝はいろいろ写真家の集まるポイントがあり、条件の良い日(とにかく冷えこんだ朝)はどこに向かうか迷いますヨン。ぜひ、おいで下さいませ。
この日はかなり冷え込んだので、実は太陽が上った後のキラキラが目当て(かちょうさんのカレンダーのような景色ね)・・でも行ってみたら東の空には雲でしょ、あ~、だめか~・・と思っていたらその雲がピンクに染まってくれたんですよ、なにがあるか分かりませんね!
燃料安けりゃねぇ~、もっと何度も行きたいところだが・・。


トラックバック・・したことないので、やりかたが分かりましぇ~ん。

投稿: mataochi | 2008年1月13日 (日曜日) 午後 10時41分

http://tabisuruzeirishi.cocolog-nifty.com/katyounotabinikki/2008/01/jr_7e4c.html

この記事の中でこのアドレスを右下部分
相手先のトラックバックURLを入力で入れてみてね。

投稿: かちょう | 2008年1月14日 (月曜日) 午前 10時24分

右下部分?
・・・どこでしょう、さっぱりわかりませんワ。

投稿: mataochi | 2008年1月18日 (金曜日) 午後 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/9846211

この記事へのトラックバック一覧です: 夜明けの屈斜路湖:

« 寒ぅ! | トップページ | TRATTORIA Naccarino »