« 晴耕雨読 | トップページ | 海明け »

mamiya 6

先日撮った写真が上がってきたので数枚スキャンしました。mamiya 6 で撮ったものです。ササッと出せてサクサク撮れる機動性が魅力で、今は一番の主力機種。

なんだけど、「重い・・・」 「絞り優先オートがついてるけど信用できない」(特に150mmは順光以外使えない)そしてこれが一番ツライ「二重画像なのでピントが合わせづらい」・・・これね、出来上がりがイメージできないんよ、なので奥行きのある構図は難しい。あと、単純にキャップ付けっ放しとかもあったりする。と、欠点いっぱい。しかもシャッターが軽く、撮った気がしない・・ほんとに写ってるん?

それがね~、出来栄えは侮れない。ホントきれいに撮れるんだ、これ!

まあ、失敗も多いけどね!

Onne1 先日の斜里岳

めっちゃイイ感じに撮れてる。これと比べたら、うちのコンデジ画像は、やっぱりただの記録??だね。

この辺の人はさー、普通に見てるんだよね、この景色。

うらやましい。

|

« 晴耕雨読 | トップページ | 海明け »

景色」カテゴリの記事

村の生活」カテゴリの記事

コメント

ほんと、うらやましいよね~。
そして、写真のファイル名が「onne1」となっているのが憎い!

投稿: marbo | 2008年2月29日 (金曜日) 午後 12時33分

やっぱポジフィルムですね。もっとスキャニングがいいとまた違うのでしょう。このフィルムはどこのかな? ちょっと水平線が斜めみたいに見えるけど。

投稿: かちょう | 2008年2月29日 (金曜日) 午後 06時58分

アハハ!ゴメン!ファイル名、勝手に流用しました。逮捕されるやろか?
夕暮れ時はいつも何かドラマを見せてくれますね。ゆうやけはいつも胸にこだまする・・・明日は西尾根でビール??晴れるといいね!

やっぱりポジ!でも、D300だったらどうなるんでしょ?早く見たいね。スキャンは別に保存するつもりじゃないので、かなりいいかげん。450dpiくらいかな、専用のアダプターを使わず、フィルムをてきとうにポイって置いてやりました。多少斜めだね。
フィルムはE100VSです。

投稿: mataochi | 2008年2月29日 (金曜日) 午後 10時05分

 触発されてどっか行きたくなり28日神の子池に行ってきました。
中標津は明るかったけど清里峠の向こうは横殴りの雪でした。
天気がそんな感じだったせいか思ってたより感動しなかったけど
きれいな水でした。
先客が2組いましたよ。
スノーシューの踏み跡が深かったので結構行ってるんでしょうね。

投稿: ラウキカの近所のもの | 2008年3月 2日 (日曜日) 午後 08時53分

スノーシューで散歩は楽しいね!へえ~!神の子池かー、不思議な魅力のある場所ですね。でもちょっともてすぎ?
同じ摩周湖の伏流水を謳う場所としては、西別川の源流の方がぜんぜんスゴイかも!摩周湖からはちょっとはなれてるんで真偽のほどは分からないけどね。
そういえば神の子池って、以前は裏摩周から直接行けたっけ。

投稿: mataochi | 2008年3月 3日 (月曜日) 午後 09時40分

 今日も暖かでしたね。

私は歩くスキーで神の子池に行きました。
スノーシューはありません(苦笑)
スキーより気楽ですがどうなのかな。

裏摩周から神の子池は行けるようですね。
歩くスキーで一度は挑戦したいと思ってるけど
一人じゃムリですね。
清里YHではツアーの設定があるみたいだけど

投稿: ラウキカの近所のもの | 2008年3月 3日 (月曜日) 午後 11時05分

はいはい!こりゃまた早合点で申し訳ない。
林道や傾斜の緩い山だったら歩くスキーが最強だね!


投稿: mataochi | 2008年3月 4日 (火曜日) 午前 10時11分

先日、斜里岳敗退あとに時間が余ったので、小清水原生花園に流氷をみに行きました。そうしたら歩くスキーのトレースがありましたよ。
でもあのゴツゴツの流氷の上にはスキーではあがれない。私はスパイク長靴で“ひょいひょい”
流氷の裂け目では、虫取りアミでクリオネを採っている親子もいました。最近の流氷遊びは変わったな~。

私はけっこうスノーシューを使います。薮のうるさい山とか、急斜面と緩斜面が交互に出てくるような山とかで威力を発揮しますよね。
去年、斜里岳にP1417経由で行った時は、林道はスキー、尾根はスノーシュー、1200mからアイゼンというように使い分けました。

最近の登山ブームで中高年者も雪山に入ってきていますが、年をとってから山スキーの練習をしていたら何時までたっても山にいけないと思う人も多いのでしょう。気軽に使えるスノーシューは便利なギアです。
ただ、安易に山には入れるけれど、雪崩れの危険は同じか、少し高いくらいだという事もチャンと考えなければなりません。まァ、雪原を歩くだけなら良いんですけど!

投稿: marbo | 2008年3月 4日 (火曜日) 午前 10時27分

うふふ、おつかれさま!やっぱり天気には逆らわないほうがイイ!
昨年のGW、駆け下りてきたであろう景色の中で、ゆ~っくり び・び・び~る・・を開けてたらもう夢心地だったでしょうね、でも、やっぱり山のビールは美味かった!?
小清水にはまだ流氷いっぱいあるんですね!今朝、野付に行ったら、先週ビッシリだった流氷はほとんど消えて海明け状態。これはこれでいい感じ。でもちょっと寂しいか。
話はちょっと違うけど、去年高原沼で少し話をした、見た目70歳くらいの人、一昨年だったか黒岳の山頂からスノーボードで下りてきたんだって!(その他にもあちこち)スキーこそ昔からやってたんだろけど、ボードは58歳から始めたとのこと。もう、感動しました。いくつになっても新しいことに挑戦できるって素晴らしい!自分もそうありたいもんだ、けど、がんばって最低の体力だけは維持しないとダメですね。

投稿: mataochi | 2008年3月 4日 (火曜日) 午前 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/10823092

この記事へのトラックバック一覧です: mamiya 6:

« 晴耕雨読 | トップページ | 海明け »