« 巨木 | トップページ | 黄色いキノコ »

流れる雲

Rausu2 世界遺産知床。

格付けなんて、どうでもいいのに。結局は金儲けだもん。

うちの町も登録に合わせて合併し、「知床」を名乗りたかったようだけどね。あまりのズサンさに町民にそっぽをむかれて話は流れた。

・・・流れるといえば、雲!

知床のど真ん中、羅臼岳。ここに来るといっつもドラマが待ってるみたい。

この時雲は、ウトロ側の麓で湧き立ち、山裾に絡みつくようにゆっくり登ってきて羅臼平ではもう激流。これが尾根を越えて羅臼方面に下ってくと消えちゃうんだな~。

片方で雲は湧き続け、尾根を越えて消える。見てるとほんと、まるで生き物。

羅臼平は大河のようでした。

Rausu1 すっごくめずらしくてラッキー!・・・と思ったアナタ!

実は、ここではわりと普通に見られる景色なんですよぉ。

運が良ければ「ブロッケン」も付いて来る!

・・・

合併はともかく、空港くらいさっさと「知床空港」を名乗ってしまえばよかったのにねぇ~。

|

« 巨木 | トップページ | 黄色いキノコ »

」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

凄い絵だね~!
これは羅臼岳頂上からの絵なの?

この細く突き出た半島の山ならではの自然現象なのですね。
私もこういう景色を眺める事のできる登山をしなければダメだな~。

投稿: marbo | 2008年7月17日 (木曜日) 午前 08時50分

この写真はいつのかな? 今年の夏の大雪はいかないのかな?

投稿: かちょう | 2008年7月17日 (木曜日) 午前 09時40分

名誉も金も財産もいりません!!!
人間がチッポケに思えます。
やっぱり・・・少しの金は回ってきて欲しいです。

投稿: おむすび | 2008年7月18日 (金曜日) 午後 09時41分

羅臼岳の頂上です。
夏、昼間は人いっぱい・・だけど朝、夕は静かです。
この山、遠くから来て日帰りはもったいない!・・と思う。

かちょうさんと来た時はすごかったよねぇ!羅臼平から見た頂上は要塞のようだったし、ブロッケンもいたし、もちろん雲は流れてて・・・
ただ、あの時私カメラ壊れてて、ビデオ(当時最先端の"ハンディカム55")しか持ってなかったのよね~。良い画があったら見せて~!その後ビデオは壊れて見られません。

こんな景色を見てると人間がちっぽけなものに・・・なんてことは考えず、ただひたすら記憶・記録に没頭してる。
この頃の物価や税金の値上がり、庶民にはもうほとんどパニック状態なのに・・お役人(公務員)は、そのことに気が付かないのかなぁ。このままだと生活キツイ~!

投稿: mataochi | 2008年7月21日 (月曜日) 午後 09時57分

悔しいけど、あのときのカメラは35ミリなのよねえ。リバーサルだったけど、あれツアイスだったかしらん? この夏、調べてみますわ。 

投稿: かちょう | 2008年7月22日 (火曜日) 午後 08時55分

燃料高いし、思うように休めないし、天気もグズグズ・・
今年の夏は、お出かけデキナイワ~。

投稿: mataochi | 2008年7月22日 (火曜日) 午後 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/22343001

この記事へのトラックバック一覧です: 流れる雲:

« 巨木 | トップページ | 黄色いキノコ »