« ホーホー | トップページ | 大胆不敵 »

フクロウの家族

Dsc_0115  いやいや、やっと本格的に夏だね~!

朝から晴れてたので、きのう、だいたいあたりをつけていた木に行ってみた。

Dsc_0124いました!シマフクロウ。「何よ~」って顔で迎えてくれましたわ。

あんまり普通にいるので、昨日の画像は場所が分かっちゃいそうなんで削除しときました。

Dsc_0090_2 さてさて、いましたね~、小さい奴。といってももう結構デカイ。

鳥はすぐにデカくなる・・・。

セキレイなんて、生まれた~!と思ったら、え?もう飛ぶの??って感じだもんね。

Dsc_0126

あらら?

ちょっとよく見えないけど、もうひとつ居ますね、小さいの。

一本の木に3羽。それぞれ等間隔で別の枝。なんでだろ?いっしょに居ればいいのに。

Dsc_0143 回り込んでみたけど・・・

逆光で真っ黒。

これだけ大きいンなら、旅館デビューも近い?

そう、この子達は完全な野生ではありません。(おそらく)人工の巣で育ち、餌付け(親は)も受けてる。モチロン餌が豊富な時は勝手に獲って食うんだろうけど。

もしかしたら、親は放鳥したものかもわかりません。ま、半野生?でも、生きてゆく環境はあるってことよね。

Dsc_0114_2

ウインクされて・・・

またね!

・・・って、あら?そういえば昨日の奴がいない???

ダンナはどっかで浮気してるかも~~~・・・な訳ないよね。鳥さんとっても仲良しだもん。どっかで仕事か、はなれて見張り・・親は大変さぁ。

|

« ホーホー | トップページ | 大胆不敵 »

野生」カテゴリの記事

コメント

シマふくろうが自然に居るなんて、楽しいですね~とっても可愛い鳥ですよね。愛嬌があるというか・・・

投稿: kawazuzakura | 2008年8月10日 (日曜日) 午前 11時58分

本文中にもあるけど、この子達は完全な自然じゃないのよ。
人間が大木を切って住まいを減らし、砂防ダムが魚を拒んで食料も足りない。
完全に自然に生きて行ける環境(去年登場した奴は、たぶん野生)がどれだけあるのか。

投稿: mataochi | 2008年8月13日 (水曜日) 午前 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/22807388

この記事へのトラックバック一覧です: フクロウの家族:

« ホーホー | トップページ | 大胆不敵 »