« 貴重な晴間 | トップページ | 夏時間 »

極楽湯

Imgp0184 ハァ~、極楽極楽spa

朝、野付に行った後にちょいと山登り、なんせ貴重な晴間だからさっ!

そこにあるのは、超極楽温泉

超快適な周辺環境と、いかにも!っていう山の湯(硫黄泉)で源泉温度が50度弱、湯船にためるとこれまた適温、しかも湯船造りがら~くらく!ときたもんで、ほんとにイイ温泉。おまけに、どうしたことか昨日は虫もいなくてねー、もう、ほとんど天国。

こんなにスバラシイ温泉なのに、なんと無名なことで・・もう堪りませんね~~~、いつ来ても独り占めやでー!

で、もう自然に冒頭の言葉が出てくる訳よね~

ハァ~、極楽極楽

Imgp0188

目の前には槍ヶ岳・・・ま、実際歩くのはほんの少しなんだけど、その、ほんの少しが人を遠ざける

・・・と言うかねぇ、このお湯、いつもあるとは限らないのよ。そう、行ってみないとわからない、それがいちばんの、無名の理由。たぶん、地表に近いところで水が温められて出てくるんでしょう、ロケーション的にも川湯の硫黄山と似てる

出合ったら、「ラッキー!」ってことで・・でもこの天気だからしばらく出てると思う。ので、今のうち、(晴れてたら・・)星見風呂とシャレ込みたいもんだ。

ま、クマさんと混浴かもしれないけど

|

« 貴重な晴間 | トップページ | 夏時間 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

槍は「尖峰」ですか?
尖がっているねぇ。この場所では羆の密度は濃い~でしょう。星を見ながら風呂に入るのは怖いものがありますね。先日は羅臼平で人を怖れない羆の出没もあったしさ~!

投稿: marbo | 2009年7月16日 (木曜日) 午前 10時13分

マタオチさんと羅臼平で寝たことあるのだ。ここで見た海に沈む夕日が不思議だった。海の中からも夕日がみえたから。

投稿: かちょう | 2009年7月16日 (木曜日) 午後 09時45分

御一緒した羅臼平は良かったですね~、流れる雲を挟んで天空の要塞のような羅臼岳
頂上に上がると、ず~っとブロッケンがいたし、夕日は海に潜るし・・そう、あの時はカメラ持たずに、当時最先端の「SONYハンディカム55」だけ。ポジがなくて残念です。
世界遺産になってから夏は上に上がってないけど、どんなことになってるのかなぁ・・・

今月に入ったくらいから、ウチにまたクマさん住み着いたみたいです。あちこち好き放題歩き回って・・クマがいるって(クマが住める・・っていう自然)のは、やっぱり誇れるなぁ

ところで、この槍は「尖峰」・・じゃないんですよ。普通に、一般人が登れる山でした。あまり夏尾根に出かけないmarboさんには、けっこう新鮮だったかも・・?

投稿: mataochi | 2009年7月18日 (土曜日) 午後 09時30分

そうでしたか、尖峰だとしたらペクンネウシヌプリとかが見えないな~?って思ってはいたんです。
羆が生息できる環境って素晴らしいですよね、羨ましいけれど、怖かったりもします。

投稿: marbo | 2009年7月20日 (月曜日) 午後 05時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/30562242

この記事へのトラックバック一覧です: 極楽湯:

« 貴重な晴間 | トップページ | 夏時間 »