« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

年の瀬

1230 相も変わらず天気予報ってあてにならないもので

ずっとグズグズ予報だったのが昨日は快晴、いつの間にかお正月が晴れ予報になった。このまま変わらないとウレシイんだけどねぇ、なかなか、天気が確定しないと予定が・・・

今、外は吹雪

え~?こんなに荒れるの???

正確には「田舎の天気予報はイイカゲン」ってことかしら

今朝の太陽、ちょっと伸び上がって、このまま四角に~・・は、ならず・・・ま、こんなもんか。もうちょっとでしたね。

Imgp3090 前の雪がけっこう湿った雪で、おまけに昨日の陽気。空気が潤ってたようで、そんなに冷えなかったけどあちらこちらに霜の花、やっぱこれよね~♪

そうそう、またイイズナちゃんいました、庭の松の根元で雪を避けてたんでしょう、除雪してたらタタッと出てきてダ~と走り、雪の中に消えてった。

また戻ってくる?そのうち撮れるかな・・・

Imgp3044 いつの頃からかお正月も、年間数ある普通の行事になっちゃった。以前は完全に「特別な日」だったけど、今は生活も、ほとんど普段と変わらないもんね。お正月は、みんなで祝える日であってほしいな・・・

あ、ここ、昨日行ってきた弟子屈の「亀の湯」

リフォームしてありますが、旧き良き浴場の雰囲気を残してて、ちょっと良い感じ。けっこうお気に入りです。

北海道って温泉の数は多いけど、なんかこういう、「チョイ」と入れる共同湯的な施設って少ないよね・・もっとあるといいのにねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末は雪

Imgp3018

気温だけはメチャ寒かった12月だったけど、ずっと天気が良くてナンにも無い寂しい景色が続いてた

でも

年末には雪と決まってる・・・

ように、ちゃんと今年も降るもんだ。周辺の畑も真っ白な雪景色。やっと景色が冬になったわ

雪の後晴れて、見るものすべてキレイ

お正月は山に行けそうですね・・・

Imgp3023 先日、清里の温泉に寄った時、ちょっとエラそうな「自然乾燥石臼挽き・春よ恋」ってのが1kg390円で置いてあって、あら?もしかして割安?(わかんないけど・・)と思わず購入、手軽なリンゴ酵母を起こし、1週間がかりで今朝パンを焼きました。

今、まだ家の中、良い匂いhappy01 

なんとなく、雪が降ってくると「パンでも焼こうか」って気になるんよ・・

種作っちゃったんで、しばらく自家製パンが続きそう

さて、雪はねしましょうかね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬至

Image0012_2

先日の野付湾が頭から離れず、今朝も晴れてたのでまた行っちゃった今日はもう堂々と、一目散に名所を目指します

前回ほどじゃないけど、今日も蜃気楼が見えてます、とりあえずちょっと期待できそう、と言うか、うんうん!空と海、茜色に染まってメチャ良い感じ~

左に雲が迫って来てるけど、太陽の位置には問題ないようです、今日は大丈夫!

静かに対峙していると、出てきました、美しいです、これまた見事な反転太陽。(四角い太陽は)いまだに「シバレなきゃダメだ~」と勘違いしてる人が多いようですが、今日はたいして冷えてない。蜃気楼は「ただ冷えれば良い」、ってもんじゃないのよね

1222001_2

と、この後が忙しい

なんで・・・?

うふ、じっととしてないンよ、あの白鳥さん・・これだけの名所に他に人はなく、だから気兼ねなく白鳥さんと追っかけっこ

楽しかったわよ~、まぁ、撮り尽くされた平凡な構図だけどさ・・・

でも、せっかく名所に来たんだから、これでイイのだ!

1222003  縦に伸びた後、ちょっと不細工な達磨さんに変化。

四角にはならなかったけど、もう充分

オダイトウに住んでる人がうらやましい~~~!

毎日楽しいだろうなぁ~~~

また来ようっと!

Imgp2910 そうそう、今日は冬至

お風呂に行きましょうね!

大好きな川北、そろそろ静かになったかな~?

やっぱりここは雪景色がよく似合う。

Imgp2907 せっかくだから掃除して

Imgp2928 一番spa~~~happy01

岩間もそうだけど、洗いたては無色透明

温泉力100%

効くぅ~~~(気分気分!気持ちイ~)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

続 カンペキ

Notsuke001

Notsuke002 蜃気楼の画像です。よくわからないということなので大きくしてみました。上下、数秒のズレで形が変わってるのがわかると思います

この、反転して浮かぶのは「下位蜃気楼」といって、日常よくみられる(「逃げ水」なんかと同じ)現象だそうです

けど、これだけクリアだと気が付かないかもねぇ。望遠レンズだから分かるけど、実体は見えてる位置よりずっと奥・・Image0003

この画像は今年の2月に登場したもので、建物が伸びるタイプ

正調「四角い太陽」の素、「上位蜃気楼」といって、ま、いわゆる見えないものが見えたりする一般に「蜃気楼」という現象

もしかして先月の,横に伸びていった太陽は「側方(鏡面)蜃気楼」?そうだとしたら、あの「不知火」と同じでほとんど伝説の珍現象。だったらスゴイけどね~、違うみたい・・・

Notsuket_3

蜃気楼の朝、太陽は残念だったけど

振り返るとそこには神様

サルルンカムイ・・・湿原の神

朝陽を浴びて、優しく輝く知床連山

どちらも神々しく存在してた

美しい~~~

・・・・・

と、浸っていたら、ほどなく後に足音、振り向くと、バズーカ砲を手に「私はカメラマンです」オーラを発散しながらがやってくる人が・・

撮影ポイントに知らない人が先にいたもんで、なんだか戸惑ってた様子。しばらく緊張感が流れて近寄りがたい雰囲気でしたが、比べたらまるで貧相な私の機材(全部頂き物です、アリガトね)を確認して安心したのでしょう、先に話しかけてくれました。

まあ、ほっとして写真談義を交わし、アドバイスやプチ情報も頂き、最後に「少し通えば撮れますよ、四角い太陽」と言って去っていかれました。いや~、完全に子供扱いされてしまいましたが、いや、ほんと、「今日太陽撮るなら半島側でしょ、コノど素人」と言われたとしてもしょうがない状況だもんね・・いやいや、とっても気さくで良い人でした。

冷え込んだらまた、出かけてみよう

・・・先程、川湯spaに行って来た、良い湯でした~~~happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寒波

Dsc_0133

昨日朝、予想通り寒暖計は-20℃を下まわる。

ニュースでは、なんか全国的に寒いらしい

寒い~!って内地で言う映像はほとんど雪景色だけど、ここは雪が降ると暖かい。昨夜からの雪で冷え込みも一段落です。とはいえ真冬日に変わりはなく、夕方にはまた冷えて・・うっ、寒!

Dsc_0135とにかく冷えたんで、きっとお目当の景色(気嵐、樹氷)になってるだろう・・と、思ったのに

う~ん、そこはなかなか上手く行かないモンで、どうやらこの辺はさほど冷えずにほんのり気嵐状態。

そもそもここは(冬の間)乾いた町で、極端に冷えないと樹氷にならないんよ(もちろん場所によって、ちいさな川沿いとかはキレイだけど)、ここが家くらいの気温だったらねぇ・・・

Dsc_0116その上、何故かいつまでたっても日が入らず、色も付かず

地形的に絶好の光は期待できないけど、もうちょっとね~、う~ん・・撃沈

ま、ゼイタクやね、いるだけで充分

ほんと、いつまでいるんだろ?

・・・

最近、毎日夕陽が美しい・・・けど3時40分は早過ぎる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンペキ

Dsc_0008 すごい見事な蜃気楼です

ここは野付湾、久しぶりの朝の海

最近、そうそう大雨の後ずっと天気が良い。当然放射冷却で冷える冷える、今朝はもうキンキンに冷えました。

(これを書いてる今も、家の寒暖計はすでに-16℃、夜明けはもしかして20℃越えかも)

で、思い切って出かけてきました。以前はちょくちょく行ってたけどねぇ、燃料高騰以来なかなか出れなくて・・・まだ、雲の状態が分からない時間に出発するので賭けみたいなもん。どうかな~?

標津の海まで来て見ると、お~!  ちょうど雲も切れてるようだし、はっきりと確認できる空気の層。やった!正解だぁ!Dsc_0014

ってンで、少し足を伸ばして野付湾

いや~、美しいわぁ

この建物、水に映ってるんじゃないのよ

見えてる建物は実体ではなく、これは反転タイプの蜃気楼

これとは別に、建物が伸びて見える蜃気楼があって、その場合「四角い太陽」になる

あ、ちなみに奥の山はクナシリ、異国です。Dsc_0005

まんなからへんの雲が、鏡に映ったように対象になって浮かんでる

この状態の時、太陽はスゴイ変形を見せてくれるのよ

うん、海にいると分かりやすい

条件は最高、わくわく

うん、カンペキ!

Dsc_0026

・・・・・・の、はずが

ガ~~~~ン!

自分の立ってる位置がマチガイ、思っていたより太陽は右・・で、雲~?

完璧だと思っていたのは思い込み。気付いた時にはもう、すでに遅く移動なんてできない・・・・・

せ、せ、せっかくカンペキだったのに・・泣く~~~

やっぱり、ちょこっと通わないとダメだねぇ、日の出の位置を見誤るなんてハズカシイ・・ど素人になっちゃった。

Dsc_0063 あ~、悔しいcrying

ま、でも、それこそ幻想的な景色が見れたんで、良しとしましょうね・・Dsc_0034

| | コメント (2) | トラックバック (0)

流星

Dsc_0005 三つ四つ明るいのがあったけど、相変わらずフレームには入らず

ちょっと風もあったかな、木がブレちゃって仕上がりも今ひとつ。カッコイイのはなかなか撮れないや

AM4時頃、数はけっこう流れててけっこう感動的でした。メチャ寒かったけど、文字通り、カメラがフリーズするまで外で星空見物

これに入ってるんだけどねー・・・、暗くて(普通の流れ星)全くわかんない。

Dsc_0037 夜が明けて

あら~、一段と目立ってる!

すっかり観光名所に定着した感のある「牛」文字

丑年も、もう、あとわずか・・・

はやいね~~~一年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dsc_0025_2 朝から今にも降ってきそうな曇り空

降りだしたと思ったら、あらら、けっこうな勢いで積もってきた

今季初といっていい、家からの雪景色になりました。いままで降ってきても、ほとんど積もらなかったからねー

さてさて、ちょこちょこ催促に来てたし・・・と、餌を置いたとたん、来るわ来るわ。次から次へと、いちおう、雪が積もるまで控えてるんだけど、まぁほんと、どこで見てるんでしょ?

Dsc_0010

・・・なんていってるうちに、天気予報どおり今は雨

また融けちゃうんかなぁ、でもきっと山は雪よね。

ところで、丹頂達には微妙な天気

Dsc_0044

このところしばらくT地区で仕事してたもんで、通りがかりに眺めてた

移動しちゃうかな、どっちかといえば雪のが似合うんだけど・・

おっと、そういえば明日はまた流星群。この頃なんか、あたりがイイねぇ、ありがたいことで。

たまにどこか、遠出してみようかな・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニセモノ

Imgp2769 夜明けと共に雲が柔らかく色付く

手前にうっすらとした霧状の雲が、光を演出してるようで、なんかスゴイなと思った

同じような雲でも、焼け方はいつも違ってオモシロイ

Dsc_0033 そういえば、ちょっと降ったンよね、雪

あいかわらず、まともな雪じゃなく、今日の温かさで平地はほとんど消えちゃった

山は、とりあえず雪山になったよう・・・遊びに行くには、まだちょっと、ぜんぜん足らんワ

草とのとりあわせが妙で、イイ味出してた

Dsc_0041

陽はすぐに雲の中・・・に隠れたはず

・・・?

偽りの太陽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラマツと夕焼け

Imgp2721

夕方、東の空が雲で覆われて暗くバックスクリーン状態、夕陽の照り返しが鮮やかでした、が・・・ちょっと手が離せず、そのうち東側の景色は力を失う、ほんとに、イイ景色は一瞬だわ

山も真っ赤になってたけどねー・・残念、画像が無い。

でも、日暮れと共に

今度は西の空がめっちゃキレイに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月の雨 

Imgp2709 朝からどしゃ降り

ここ数日冷えてたってのに、なんだって今日は雨なんだろ

12月の雨・・・って、去年もあったなぁ、と見てみたら、あらまあ!去年も12/5の夜でした

やっぱり温暖化? まぁ、北海道だけいえば、多少暖かくなってもいいけどねー

2時ごろ少し明るくなって虹が出た

季節外れだ~ね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿泊所

Dsc_0090 ほんの少し気嵐が出て、鶴居のねぐらに似た感じ

でもねぇ、陽の入り方が・・・霧氷で真っ白になったらもチョット雰囲気出るかな

畑が雪に覆われると、給餌場のある鶴居や阿寒に行ってしまうだろうから、ここにいるのはあと数日?

Dsc_0116

どっちみち、このレンズでは、遠い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真冬

Dsc_0085 寒かった

晴れてポカポカしてそうな見た目と、実際の気温の差で、よけい寒さを際立たせる。

昨日は微妙だったけど、今日は昼間も完全な氷点下の真冬日。寒いはずよね

凍えながらも、夕陽のススキが風に揺られてキラキラしてたので、とりあえず一枚撮ったのがこれ、このあと構図を決めて「今だ~!」・・・・??あら??電池が無い。寒いんだもん・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

with a full moon

Dsc_0072 あ!すっかり忘れてた

今日は満月だったっけ・・・いつも気にしてるのに、その日になると忘れちゃう。昼間は普通、忙しいからねぇ・・・

気付いた時には、もう東の空。なかなか月の出は拝めない。

まぁ、とりあえずお月見しましょうか

Dsc_0054 今朝、久しぶりに水平線から出た太陽

やっぱこうでなきゃね、下からスッキリ上がると気持ちイイ

そういえば・・・なんだかんだ慣れちゃったけどさぁ、わざわざ写真に撮ってるあの建物、ホントはダイキライ

以前の「亀ハウス」が(の、あったときの雰囲気が)良かったからね。ほとんど無名だった30年ほど前、この場所は「地平線」をめざす旅人達にとって聖地だった。("聖地"ってのは、当時、実際呼ばれてた訳じゃなく、あとで考えてみて、「ああ、そうだったんだ」と思える、ってことね)

少しづつ有名になるにつれ、その絶大な憧れは薄れて、一般観光地化してきた・・でも所詮、観光地としては二流なのよね。これを建てた人は、旅人達が何を求めて、何が良くてここに来たのかまるで分かってなくて、あるのはただ経済。

かくして、かつての聖地は、ただの観光地に成り下がる・・・・と、まあ、何処も同じ?で、冒頭の「なんだかんだ慣れちゃったけどさぁ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »