« 寒波 | トップページ | 冬至 »

続 カンペキ

Notsuke001

Notsuke002 蜃気楼の画像です。よくわからないということなので大きくしてみました。上下、数秒のズレで形が変わってるのがわかると思います

この、反転して浮かぶのは「下位蜃気楼」といって、日常よくみられる(「逃げ水」なんかと同じ)現象だそうです

けど、これだけクリアだと気が付かないかもねぇ。望遠レンズだから分かるけど、実体は見えてる位置よりずっと奥・・Image0003

この画像は今年の2月に登場したもので、建物が伸びるタイプ

正調「四角い太陽」の素、「上位蜃気楼」といって、ま、いわゆる見えないものが見えたりする一般に「蜃気楼」という現象

もしかして先月の,横に伸びていった太陽は「側方(鏡面)蜃気楼」?そうだとしたら、あの「不知火」と同じでほとんど伝説の珍現象。だったらスゴイけどね~、違うみたい・・・

Notsuket_3

蜃気楼の朝、太陽は残念だったけど

振り返るとそこには神様

サルルンカムイ・・・湿原の神

朝陽を浴びて、優しく輝く知床連山

どちらも神々しく存在してた

美しい~~~

・・・・・

と、浸っていたら、ほどなく後に足音、振り向くと、バズーカ砲を手に「私はカメラマンです」オーラを発散しながらがやってくる人が・・

撮影ポイントに知らない人が先にいたもんで、なんだか戸惑ってた様子。しばらく緊張感が流れて近寄りがたい雰囲気でしたが、比べたらまるで貧相な私の機材(全部頂き物です、アリガトね)を確認して安心したのでしょう、先に話しかけてくれました。

まあ、ほっとして写真談義を交わし、アドバイスやプチ情報も頂き、最後に「少し通えば撮れますよ、四角い太陽」と言って去っていかれました。いや~、完全に子供扱いされてしまいましたが、いや、ほんと、「今日太陽撮るなら半島側でしょ、コノど素人」と言われたとしてもしょうがない状況だもんね・・いやいや、とっても気さくで良い人でした。

冷え込んだらまた、出かけてみよう

・・・先程、川湯spaに行って来た、良い湯でした~~~happy01

|

« 寒波 | トップページ | 冬至 »

景色」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

知床美しいなあ。画像クリックしたら大きくなったわ。こんどは。 

投稿: かちょう | 2009年12月21日 (月曜日) 午後 10時00分

そうですね~、とりあえず標高1000m以上の山は真っ白になってて、朝陽に照らされた姿は、ほんと神様happy01

投稿: mataochi | 2009年12月22日 (火曜日) 午後 05時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/32665484

この記事へのトラックバック一覧です: 続 カンペキ:

« 寒波 | トップページ | 冬至 »