« 熊騒動 | トップページ | 4.2 »

熊騒動つづき

0718001 結局、ハンターは要請したものの霧が深くて見失う

というか、一歩山に入ってしまえば(雪山ならいざ知らず)夏の藪の中、人間が何人いたって見つかるようなもんじゃない

で、今回はクマさん撃たれずに済んだわね。でも、「熊なんかいない方が良いに決まってる!」という人達が多いからね、どうなることやら

昨日も言ったけど、自然保護論者じゃないので、熊を撃つこと自体は別にどうでもいいんだな。ある程度ヒトがクマをやっつけることでクマが自然にヒトを避けるようになったりするだろうし、ある意味文化でもあるし・・

要は必要以上にキケンだナンだと過剰反応するのがどうかなぁ?って思うのよ。結局クマがいるということがマイナスだと考えてる訳でしょ。市街地は困るけど、旅行者にとって、そこにクマがいるかもしれないっていう臨場感(のある観光地)って、良いと思うんだけどな

まあその、クマ観光の本家でさえ、そうやって煽って、金目当てに使う。どこまで意識が低いんだろ、片方でクマがいることを売りにして、もう一方で何にもしないクマさんまで極悪者に仕立てる。今年の○○五湖なんて、ほんと最低!

と、話がまったく逸れましたが、昨日一日展望台への道を閉鎖してたのよね、この連休にさ。しょうがないっちゃそうかもしれないけどねぇ・・そんな時に限って、今朝、そうそう、ちょうどサッカー決勝戦のキックオフの時間

雨上がり、霧の切れ間、密度の濃い重たい空気が作る空の色

シンジラレナイ位のまっ赤っ赤!!!

開けてれば何人かそこで寝てただろうに、おそらく一生忘れられない思い出になっただろうにね、展望台の名前と共に・・・0718003

|

« 熊騒動 | トップページ | 4.2 »

マタオチ村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/40867178

この記事へのトラックバック一覧です: 熊騒動つづき:

« 熊騒動 | トップページ | 4.2 »