« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

モモちゃん



Dsc_6431_0995_2


日が暮れて、残照に向いて田舎道を走ってたら

前方を何か横切る

変な飛び方やな~、珍しい鳥かも・・・?

と、車を停めてキョロキョロ

すると

道路右側の木をチョロチョロ駆け上がる影が視界に

そして、ジャ~~~ンプ!?

一瞬エゾリスか?とも思ったけど、飛ぶ格好に道を横断する距離はもしや・・・?

ほとんどその正体は確定だけど、まだ影しか見てない

見つからなかったらしょうがない思いながら、飛んだ場所を通り越して振り返ると

あら、また次のが出てきた、ラッキ~~~!

さっきより近いし、シルエットじゃない姿は明らかに・・・モモちゃん!

暗くて、ウチのカメラじゃ粗い画像でしか撮れないけど、とりあえず記録記録

家族だね~、何匹いるんだろ

いやいや、こんな近くに住んでたとは・・・・・気付かなかったなぁ

めっちゃカワイイ~~~~~

Dsc_6434_0993

| | コメント (3) | トラックバック (0)

伸びる伸びる伸びる

Dsc_6278_0958

野付、白鳥台付近から

良い蜃気楼になってます

足元にチドリのカップル

Dsc_6292_0957

慣れてるんかなぁ・・
Dsc_6162_0972_0973

あれは、太陽?  ・・・いえいえ、まだ偽物

Dsc_6170_0970_0974

中心に核が・・・実体の登場

い~ぞ~、きっと!

Dsc_6184_0968_0976

あらららあらららら・・・・・・

・・・・・○・・・・?  え、ウソ! 丸?

そんなぁ!

Dsc_6191_0967_0977
と、

お~、伸びた

そうでしょそうでしょ!

Dsc_6195_0966_0978
おお~、伸びた伸びた

頭がとんがって

なんか、この形もイイね~!

Dsc_6200_0965_0979

おおお~、伸びた伸びた伸びた

なかなか!

Dsc_6209_0964_0980
おおおお~、どこまで伸びる

あ、でも少し、頭がつぶれてきた

Dsc_6212_0963_0981
おおおおお~、このまま四角に・・・・・・

Dsc_6226_0962_0982
は、成りきれず・・・

わ、なんか、でも  ・・・神様!

Dsc_6238_0961_0983
離れる瞬間

こっちも力が入る

下から2個目の太陽が出てくるみたい

Dsc_6254_0987

光も伸びる

Dsc_6305_0956

シャーベット状の氷海

Dsc_6296_0955

波動に輝く
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

新月

Dsc_6123_0950

25日

暗くなって見えた月は、先日見た月食の満月みたい

スッキリ晴れてれば毎月見られるけどね~

Dsc_6123_0986

と、よく見ると・・・

短いし暗いけど、もしかして、微妙に流星???

願い事かけ放題ですね~、止まってるんだから、時間・・・

Dsc_6135_0952冷えてます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪原に浮ぶ

Dsc_6052_0936

今年何度目かな~、野付

ずいぶん来てるよね、ちょっとハマってしまったか・・

今朝、多少丸みがあるけど、まあ、四角い太陽

野付湾はこの寒さで、ほとんど尾岱沼の漁港のところまで凍ると、よく行く場所は完全に雪原と化してた

じゃあ白鳥台あたりで・・・なんて気取って行ってみたら、まあ考えることは一緒で(かな?)既に数名の写真屋さんがいるようなので結局戻って見る。何人もいるところではなんか、気が引ける

で、待ってたら、普通に、まあるく上がる太陽さん。あら~、せっかく雲無いのに~~~

と言ってたら、伸びて、伸びてなんとか四角に・・・なったかな? 

やっぱり雪原じゃ強い蜃気楼にはならないか~

とってもシンプルな変形太陽・・・せめて学校の前くらいまで行けばよかったか、な

でも、ま、いいか! 考えたらキリないもんね、体はひとつ

Dsc_6497_0939

雪原のうねりが、ちょっとイイ感じ

けっこう降ったんだね~、雪

岩見沢には悪いけど、野付では、これできっと大雪!

 Dsc_6512_0941

でもここ、普段は海の上

Dsc_6551_0944
陽が上ってほどなく、雪原に虹が

たまに見えるこの虹は、多分、幻日の一種なんだろうと解釈してるが。ホントのところはワカラナイ・・・

Dsc_6533_0942_2

これが、キレイなのよね~~~、虹の素

Dsc_6563_0945

| | コメント (2) | トラックバック (0)

合宿

Dsc_5572_0836

朝陽を受けて、なんかいっぱい、木になってる

Dsc_5578_0837

オオワシの木

Dsc_5581_0838_2

群れの手前に、一つだけ離れて堂々と

合宿所の親分かしら・・・

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

オバケ船団

Dsc_5803_0920

野付湾、尾岱沼

夏は北海シマエビ漁の打瀬船が有名ですが、冬のホタテ漁の出漁がまたイイのだ

って、何度も登場してるし・・・

船の蜃気楼は雲があってもいいから、晴れて穏やかな日はけっこう見られるよ

昨日のはちょっと面白かったかも

Dsc_5811_0919_2

変形太陽は蜃気楼によるものなので、当然他の物も変形する

変わり方は様々で、浮いたり伸びたり反転したり

一列縦隊で漁場へ向かう船

Dsc_5817_0922

港を出て、航路は右に

船団になって蜃気楼のなかに突入

Dsc_5831_0857

スタンダードな反転タイプ

強烈ではないけど、良い条件で太陽にも期待

あとは雲のご機嫌次第だな~

などと思いながら船を追う

Dsc_5835_0858

みんなどこ行くの・・・・? どこか違う世界に行ってしまうような感覚

Dsc_5841_0925
次から次へと

何か別の物の行列のよう

Dsc_5843_0926
しばらくすると、今度は航路は左に

船は景色に、溶けていくように消えてく

ああ、やっぱりオバケだ~

Dsc_5847_0924

もう、完全にオバケ

鳥さんもビックリしたところで陽が上る

上る朝陽は「四角い太陽」

Dsc_5962_0916
陽が上った直後

一艘の船が明るい闇の中から、忽然と姿を見せる

鴨さん、何故か拍手でお迎え

Dsc_5968_0915

寄ってきたら

ありゃ~~~、やっぱりオバケだ~~~

先程より気温が下がったのかほんのり気嵐

蜃気楼はさらに強まったようで

Dsc_5973_0913
筋斗雲に乗って帰ってきたの・・?

船の大きさがまるでわかりませんね~

オモチャにも見えるし

めっちゃ巨大にも見える

Dsc_5974_0914
カッコイイ!

この船・・・この人

きっと、何か忘れ物したんだよね~

カッコ悪~

なんて考えたり

でも見てるといつも一艘戻ってくるようなので

この船は多分、水先案内と漁の開始を告げるオフィシャルなのかな

Dsc_5975_0912

港に戻るちょっと手前で、船は形を取り戻し

でも最後まで何かに乗ってるように見えます

船がかき分ける波の蜃気楼なんだろね

良い時に帰ってきてくれたもんだ・・・・と感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変形

Dsc_5859_0861

今日も冷えたね~、ウチの方では最低気温-25℃

最近ず~~っと天気が良くてウレシイのだけど

その分冷え込みも厳しく

今年はやっぱり寒いのかも

夜明けの野付湾

日の出の瞬間

雲の蜃気楼  

うん! 今日はイイかも・・・・・!

久しぶりの四角い太陽!

Dsc_5865_0897_0903Dsc_5873_0896_0904Dsc_5893_0895_0905Dsc_5901_0898_0906Dsc_5915_0899_0907Dsc_5929_0900Dsc_5937_0902
やっと

やっとやっと出会えた今年初、良く出来た変形太陽

なんだかんだ雲や用事にジャマされて

11月の中旬以来かなぁ・・・よく見えたの

うれしい~~~!

Dsc_5952_0888

欲をいえば、少し眩しすぎたかな・・・

日の出の後、気嵐が出た

いやいや

山も良いけど

海もいいねぇ~~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

monster park

Dsc_4875_0696_stitch


時間が少し戻って藻琴山

そうそう、この子たちに会いに来たのよね

夜明け、そろそろ目覚め?  ・・或いはこれからお休みかしら・・怪獣だから

んん~、まだちょっとスリムかな、地肌がチラッと見えてるDsc_4895_0806

月下に踊る怪獣たち

Dsc_4927_0761
硫黄山とカルデラを覆う雲海

キレイだなぁ~

Dsc_4953_0716
楽しい楽しい散歩道

藻琴山 monster park



こんな楽しい場所に、訪れる人はまばら

この日の訪問者も、こんな好条件にもかかわらず、14時までに自分を含めて7人でした

いつまでも静かな場所でいてほしいけど、有名にならないことの方が不思議なくらいですね

Dsc_5203_0743凛々しい!








| | コメント (2) | トラックバック (0)

SUN PILLAR



今日は緩んで、少し力が抜けたとこでありますが

昨日までの数日、めっちゃ冷え冷えの日々

寒かったね~~~

寒さの代名詞みたいな・・その寒さが作り上げる風景

Dsc_5168_0783

先週マタオチ岳でちょっとした樹氷を見てから、頭の中は完全に占拠され

いてもたってもいられず

世の中冷凍庫状態というのに、まるで脅迫されてるが如く訪れた藻琴山

眠りから覚める巨人達に挨拶しながら、少しづつ高い方へと歩く

仔モンスターとはしゃぎまわって

夜が明けきって、昼間の景色になったくらいの頃

ん? 何か一段、寒気が強まったような・・?

Dsc_5003_0788_2

見下ろすとそこに何やら光の塊

ぼやけてるんで、この時点では雲だかなんだか分らないけど

山の斜面に当たってる光じゃないことは確かで

位置的には太陽の真下

そこでふと、記憶が蘇る

あれ・・・  もしかして太陽柱?  ・・・かも?

気が付けば辺りにキラキラ、ダイヤモンドダストが舞う

頭に無かった、というか完全に忘れてた

ここはサンピラーが見られる(ことがある)場所ってこと

川岸なんかに、ちょっとした具合でできることはあるけど、雰囲気はまったく別物

冷えるほど空気の乾く根釧地方じゃ、なかなか見られないからね~

Dsc_5161_0779
視界の広い場所に移動して行くにつれ

ダストはさらに密度を上げて

辺りは完全にdiamond dustに包まれる

降り注ぐ太陽の光

視線の先には、まさに神様・・・・・・・・・

Dsc_5170_0782


7:45~9:45くらいかな

2時間ほど太陽柱は見え続け

その間動けず、ず~~~~~~っと眺めてた

diamondに包まれた世界で

Dsc_5195_0742

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どうしても あの雲

Dsc_5471_0747今日も寒かったね~

最低気温-23.5で最高が-8.0℃

いつまでいるんだろうね、この寒い塊・・・

尾岱沼、朝の出漁風景

いつ見てもカッコいいね~

だけど

水平線上にはやっぱりあの雲

今日はイイかな~、って、ここまで来たが

何処から見ても

この冬はずっと、あの雲が見るのをジャマする

って、まあ、いつものことなんだけどさ

無かったらね~、暁に向かって目茶カッコいいんだ

Dsc_5473_0748

この船団がはっきり見えるようでは、極端な変形太陽は望めない

奥の船が若干揺らいでるので、太陽さん出てくればちょっとは変形するんだろうけど

まあ、今日は無理か・・・Dsc_5482_0749

と、おや?

出たの・・・・・?

Dsc_5490_0750
もう陽が出てるように見えてるけど、実体はまだDsc_5497_0751_2

偽りの太陽の中に、本物の太陽がDsc_5510_0754

出たね~、ほんの隙間にDsc_5523_0758
そして四角に・・・・・

なってるはず・・・・・・

見えないけど・・・・・・でも、良い太陽でした

ちょっとして雲を抜けると、また下の雲は無かったような景色になり

晴れてたけど、なにか一日中、夕方のようでした

まるで、そう、北極圏にいるような空気

明日も寒いのかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷えてます

Dsc_3466_0418
寒いな~とは思ったけど

そんなに冷えたの~?

今朝の最低気温、近所のアメダスで-23.4℃!

まあ、確かに窓ガラスは妙に結露してた・・・

Dsc_3479_042312月が凄く寒くて、これは今季は寒い冬だなと覚悟はしてたんだが

年末からずっと気温の高い状態で、ちょっと気が抜けてたところ

いきなり来ましたね~~~

超一級の寒気だそうで・・・

昼間用事で釧路まで行ったのだけど

途中の標茶がまた、スゴイ真っ白になってた

冬の朝の標茶はホントにキレイね

Dsc_3487_0425

夕方になってまたキンキンに冷えてきたよ

TVを見ると、今日は冷えた~!とか、この冬一番の雪~、とか・・・

そして明日はもっと、今季一番の冷え込みを各局こぞって報道

上空5000mで-48℃がすぐそこに迫ってるらしいけど

どんだけ冷えるんでしょうかね~、とりあえず18時でもう-16℃

ここは大雪になる心配はないので、けっこう楽しみだったり・・・・・・

Dsc_3568_0430

どこか出かけてみようかな

でもちょっと天気が、朝ところどころ曇りの予報が混じってるので場所が問題

このところけっこう外してるからね~、日頃の行いかしら・・?

Dsc_3570_0431
行きたいところはいっぱいあるけど、身体はひとつ

ん~~~、ま、出たときの感で決めよう

今日も、早朝出かけてたら・・・いい景色が見られたんだろうなぁ

ちょっと残念

Dsc_3585_0434

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪山の華

Imgp1299_0650_3


良い天気~~~~~!Imgp1300_0651_2

あの嵐と、その後のグズグズ天気のおかげと言ったらまあ!

真冬にしては気温の高かったこともあって、山の木立がホントに美しくなっちゃって夢見心地の山歩き

Imgp1305_0648

見上げてみれば、もう美しすぎて声も出ない・・・雪の華

Imgp1306_0654

この辺の山は、植林帯の松林を抜けると、ほとんどがダケカンバの森

背丈を徐々に下げながら頂上まで続く

頂上付近の尾根上はハイマツが多いけどね

Imgp1312_0655

ここにいても、こんだけキレイなのはなかなか無いんよ

普段は乾いた雪ばかりだからね、木に張り付くような雪は少ないImgp1332_0658


少しづつ高度を上げると視界が開ける場所に

ちょっと藻琴山の、あの子たちを彷彿させますねImgp1333_0691そうそう、ここの樹氷も、今まででいちばんかっこイイかも

ほんとにパッと見たら藻琴山Imgp1336_0659_2

うふふふ・・・いいねえ~

とはいえ、比べたら規模はまったく足りないけどImgp1330_0692_2

木立の向こうは、広い広~い地平線Imgp1346_0661_2

頂上まであと少し

Imgp1355_0662_2


ウサギさんといっしょに

Imgp1361_0665
遥か武佐岳と地平線

Imgp1373_0668
斜里岳!

頂上からの景色、パノラマで

Imgp1365_stitch_0688
ん~~~~~

すっごい雪山みたいでしょ

標高1000m・・なんだけどね~
Imgp1384_0671_2


頂上は、七色に輝く宝の山

Imgp1378_0670

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サイロ

Dsc_4763_0689

嵐が収まった後も天気はグズグズ

そんな中、緊急事態で山に行って来たり

幸いまた、大事には至りませんでしたが

一仕事終えてほっとしたら、天気も良くなったワ

Dsc_4765_0690

一時代前のスチールサイロ

昔なら、北海道(の景色)といえば「サイロ」って、シンボル的な存在でしたが

さんざん巨大化した挙句、今ではほとんど使われなくなって

ただ景色にアクセントを付けるだけ

やなり何か、ちょっと寂しい雰囲気が・・・

でもなんか、昔からサイロって、どこか寂しげなんだよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大荒れ

Imgp1273_0641

2日の晩から風が強くなり

風速30mが昨日1日暴れまくって

家の周りは折れた木の枝が散乱

吹溜りにはのっこりと雪の山

道路もあちこち吹きだまって通行止め

久しぶりに荒れたな~~~

まあ、雪の絶対量が少なかったのが幸いで

しかし、年末からずっと

ちょこちょこちょこちょこ、よう降りますなぁ・・・・・

ここは雪が降らないって、書いたからかな?

とりあえず、がんばれー!dog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はつひので

Dsc_4637_0631
地平線上はいつもの雲でしたが、なんとか無事に拝むことができました

ここ数年、1日の朝陽は見られなかったからね、5年ぶりかな?

まあ、苦労はあっても、きっと今年は良い年!

Dsc_4657_0637

このところ、夜になるとちょこちょこと雪が降り

気が付けば、けっこうな新雪

家の周りはそうでもないけど

横の畑を少し上がると、場所によっては腰までズボッ!

ぎゃ~! 

Dsc_4661_0633
ほんとにこれも、いつものことだけど

太陽が上がってしばらくすると

あったはずの雲はどこへやら

まるで何もなかったかのような地平線

Dsc_4665_0635

雪の上はキラキラ

みんな笑顔になれますように・・・・・happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012

Aug10540_0623

                             2012 start !

今年もよろしくお願いします happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »