« 変形 | トップページ | 合宿 »

オバケ船団

Dsc_5803_0920

野付湾、尾岱沼

夏は北海シマエビ漁の打瀬船が有名ですが、冬のホタテ漁の出漁がまたイイのだ

って、何度も登場してるし・・・

船の蜃気楼は雲があってもいいから、晴れて穏やかな日はけっこう見られるよ

昨日のはちょっと面白かったかも

Dsc_5811_0919_2

変形太陽は蜃気楼によるものなので、当然他の物も変形する

変わり方は様々で、浮いたり伸びたり反転したり

一列縦隊で漁場へ向かう船

Dsc_5817_0922

港を出て、航路は右に

船団になって蜃気楼のなかに突入

Dsc_5831_0857

スタンダードな反転タイプ

強烈ではないけど、良い条件で太陽にも期待

あとは雲のご機嫌次第だな~

などと思いながら船を追う

Dsc_5835_0858

みんなどこ行くの・・・・? どこか違う世界に行ってしまうような感覚

Dsc_5841_0925
次から次へと

何か別の物の行列のよう

Dsc_5843_0926
しばらくすると、今度は航路は左に

船は景色に、溶けていくように消えてく

ああ、やっぱりオバケだ~

Dsc_5847_0924

もう、完全にオバケ

鳥さんもビックリしたところで陽が上る

上る朝陽は「四角い太陽」

Dsc_5962_0916
陽が上った直後

一艘の船が明るい闇の中から、忽然と姿を見せる

鴨さん、何故か拍手でお迎え

Dsc_5968_0915

寄ってきたら

ありゃ~~~、やっぱりオバケだ~~~

先程より気温が下がったのかほんのり気嵐

蜃気楼はさらに強まったようで

Dsc_5973_0913
筋斗雲に乗って帰ってきたの・・?

船の大きさがまるでわかりませんね~

オモチャにも見えるし

めっちゃ巨大にも見える

Dsc_5974_0914
カッコイイ!

この船・・・この人

きっと、何か忘れ物したんだよね~

カッコ悪~

なんて考えたり

でも見てるといつも一艘戻ってくるようなので

この船は多分、水先案内と漁の開始を告げるオフィシャルなのかな

Dsc_5975_0912

港に戻るちょっと手前で、船は形を取り戻し

でも最後まで何かに乗ってるように見えます

船がかき分ける波の蜃気楼なんだろね

良い時に帰ってきてくれたもんだ・・・・と感謝!

|

« 変形 | トップページ | 合宿 »

野付」カテゴリの記事

風物詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/43799872

この記事へのトラックバック一覧です: オバケ船団:

« 変形 | トップページ | 合宿 »