« 夕日の根室 | トップページ | 大空 »

海明け

Dsc_8619_1289
ちょっと時間は遡って、またまた朝の野付湾

もう飽きたかな?そろそろ通うのは終わりなので、しばしお付き合いヨロシク~

この後天気が崩れ、案の定というか流氷も戻ってきてしまい、すっかり掲載時期を失くして情報としても賞味期限が・・・

とんちんかんなところもありますが、ま、歳時記としてこんな日もありました、ってことで

Dsc_8624_1290
3月中旬、海岸から流氷が離れて、漁船が一斉に出漁

    「海明け」

そこに、やった~、朝陽~~~

Dsc_8629_1291
さすが野付湾

キセキのような超変形は年に何度もあることじゃないんだろうけど

雲さえなければ、あたりまえのように変形する太陽

Dsc_8641_1292
朝陽の中、船が行く

ぼやけて、よく見えない・・・のが、またカッコイイのだ

Dsc_8654_1294

次々と船が行く

この港は不凍港なので、真冬でも漁場に行けさえすれば船は出る

だからここで「海明け」って言うのは無いのだろうが

今年はホントに長いこと流氷が居座ってたからね~

この景色は海明けって言葉に相応しい

って、まだ海に氷はあるから、また塞がるかも?

Dsc_8659_1296
そうそう、TOPの白鳥さん、太陽と一緒に写し込んで・・・

と、実は日の出からずっと追っかけてはみたものの

ちょっと距離が近い上

チョロチョロするのと、足場の悪いこともあって捕まりませんでした

Dsc_8666_1297

白鳥も船も、なかなかいいタイミングでは顔見せず

うまくいけば白鳥と、船団と、変形と・・・・・にはならず、残念~

Dsc_8672_1298
気紛れ白鳥さんは

遅!

Dsc_8695_1300
でもこれがまた良い雰囲気でさ

Dsc_8699_1301
気が付いたらけっこう撮ってたDsc_8711_1302

と、そこに今度は小舟が出漁

こちらの船は、この春一番?かな

Dsc_8716_1303

沿岸はまだ薄氷やシャーベットが残る

Dsc_8749_1305

朝陽に映える氷の紋様

Dsc_8787_1307僕も撮って~!

鴨が目の前でアピール

しょうがない・・・パチッ

Dsc_8765_1306

春だね~~~

・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

なんて書いた後にまた流氷が押し寄せ

天気も安定せず雪もちらほらで、まったく春には程遠い日々

なかなか頑張ってくれます、ことしの冬将軍!

そういえば道新の夕刊(釧路根室版)に四角い太陽出てました

完璧な四角で・・うらやましい~~~!





|

« 夕日の根室 | トップページ | 大空 »

歳時記」カテゴリの記事

野付」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/44597017

この記事へのトラックバック一覧です: 海明け:

« 夕日の根室 | トップページ | 大空 »