« ラクビーボール | トップページ | ウトロ »

険峰  

Imgp2727_1520
土曜日突然、それまでのグズグズ天気のご機嫌が一転

天気予報見て、今日こそ山~、って出かけてみたら

うん、ほんとに天気はイイし、あったかいし

桜は無いけど、春全開!真っ盛り~~~

先週今週、週末超快晴。たまにはこんな日もね

標津山塊に於いては抜群の存在感とその名で、道内の岳人には一目置かれる山を目指してみる。・・ん、字が違う? うん、ほんとは「尖峰」

だって、険しいんだもん

ま、行けるとこまで

Imgp2725_1519
林道に入るとさっそくクマさんの足跡

クマさんたちも、やっと来た春に大喜びに歩き回ってるよう

この先、どこまで行ってもクマの痕跡は続くが・・・何頭いるんだろ?

Imgp2733_1522
林道~作業道終点から川を渡って尖峰に取りつく

川から一段上がるとしばらくは緩い尾根

ここにもやはりクマさん・・・歩き回ってはいるが、なんとなく頂上に向かってるような・・・ほんとにコイツ、クマかしら?

Imgp2750_1523
やがてルートは本格的な急斜面に

ここもクマさん山を目指して・・・どこまで行くの~

この斜面は雪が緩くてズブズブ埋まってツラかった

ちょうどいいところは、ところどころクマの足跡を踏んで上がると楽!

Imgp2751_1524
最初の難所を上りきると、尖峰が目前に迫る

ん~~、この斜面を行けば楽だがちょっと怖い

ま、そんな変わりは無いので尾根を忠実に辿る

Imgp2755_1525手前、小ピーク上には誰かの痕跡

岳人だろうか・・・マタオチ岳の頂上にも誰だか証拠を置いてたっけ

Imgp2760_1526
隣に聳える、石器時代のナイフをそのまま大きくしたような形の山

存在感を出すのは「ベクンネウシ」

836mと、頭ひとつ低い山だけど、これまた個性的

頂上直下は見ての通りのめっちゃ急斜面、一昨年だったかな?よく上がれたもんだと自分に感心

Imgp2784_1528尖峰の南斜面

キビシイ自然環境を物語る、曲げられた木々達

でも今日はめっちゃ穏やか

ほんと良い日に来たもんだ

Imgp2773_1527
どうにか体も大丈夫そう

斜面は超急勾配だけど、右側の木の中行けば安全

あの登りに備えてしばし休憩、行くぞ~!

Imgp2792_1530
アイスバーンはほとんど無く、逆にところどころに落とし穴状の柔雪が

これにハマると辛いのよ、その度に右に左にルートを変えながら

苦労してなんとか稜線(と言うか稜線上はほとんどもう頂上)に上がると

そこはもう・・・天上の世界!!!

Imgp2805_1542
何と言ってもその展望

とんがった山のてっぺんに居る訳だから、遮るものは何も無い

中でも一番先に目を惹くのは斜里岳、やはり超然としてる

Imgp2806_1543
ベクンネと842、ここからだと見下ろす感じ

この角度もカッコいいね

その先には4月も後半だってのにまだ真っ白のウナベツ

Imgp2809_1531
ジャ~ン!

武佐岳

真後ろからの姿はなかなか見られない

旧の火口も確認できます

Imgp2822_1533
ソーキップ

圧倒的にあっち側から尖峰を見ることが多いが・・そう、尖峰にいるのに、ふと、いつものように尖峰を探してる自分がいたりして

Imgp2805_stitch_1541
パノラマで

Imgp2826_1536
吹く風爽やか

そんでホントにあったかく

極上景色、空間を独り占め

すっげ~~~贅沢な時間!

Imgp2832_1535
あまりの気持ち良さに、ちょいと昼寝

これがまた!

ここはいちおう冷えないように上着来てるけど、ほとんどシャツ一枚

春はいいよね~、春!

Imgp2793_1540
最後にまた、景色を見納め

山を下りる

登りの苦労は何だったのか、下りるったらもう

急な斜面は上から下まで尻滑り

林道終点まではまさに「あ」っという間、速かったな~~~

その後はお楽しみ

Imgp2843_1537

温泉でのんびり~!

2_1515_1516

|

« ラクビーボール | トップページ | ウトロ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/44979465

この記事へのトラックバック一覧です: 険峰  :

« ラクビーボール | トップページ | ウトロ »