« 白鳥幻想 | トップページ | 穏かに »

流星群

12_22

昨日、12/13

昼間っからすっごく良い天気、手が離せなかったのでめっちゃ鮮やかな夕陽を横目でチラチラ眺めながら、「あ~、どこか行きたいなぁ~~~」

日が暮れて、ん?そういえば今日って流星?こんだけ晴れてりゃ見ない手は無い

NEWSではなくお天気のコーナーでちょっぴり紹介してただけなので、ま、いつもの如くそんなに期待はせずに「どこで見ようかな~」 ・・は、定番の摩周湖

着いてみると、すぐに大~~っきな流れ星が迎えてくれました。いやいや、こりゃけっこう・・降ってますよ~、久々の大当たりです

ただ、出る場所が頭の上ばかりで、風景にはなかなか・・・

12_25
ちょこちょこ人もやって来たのでしばらく眺めてから場所を移動して静かな場所に

この直前、極大の流星が天頂から地平に突き刺さったのだが・・・・あら~、書き込み中

ん~~~、イジワルなタイミング

こういう時はやはりハイエンドな機種がうらやましい・・・・・というか、フィルム持って来れば良かったんよね~、失敗!、まさかこんなに流れるなんてね~

結局なんだかんだ、日が変わるまで夜空を眺める。楽しかった~ happy01

12_26

|

« 白鳥幻想 | トップページ | 穏かに »

マタオチ村」カテゴリの記事

歳時記」カテゴリの記事

コメント

自分も全く同じ時間に吹きさらしの田んぼの中にある
埴輪しか居ない公園で見てました。

周りが明るいのでひっくり返って上しか望みなし。
しかし、今回は期待を裏切らずこちらも良く流れまして、透明度が良くない割には3時間で60個でした。
持って来たカメラに付いてたのが28ミリでしたので、デジタルにしたら45ミリ相当。こりゃもう広角とは言えん。
立て位置で北斗七星がギリギリ入る画角(笑)
ピンポイントでオリオン座辺りを撮ってましたら、運良く一枚だけ引っかかりました。

こちらもインターバル時にオリオンを射るデカイヤツが有って悔しがりました。一人だから感情出しても文句言う人居ないし。

投稿: むささん | 2012年12月14日 (金曜日) 午後 08時14分

田んぼの中にある埴輪しか居ない公園で、一人佇み夜空を眺めてる・・・古代の人も流れる星を見てたかな
悠久のロマンとも言えそうですが、ちょっと何か得体の知れないモノが出て来そうな雰囲気もありですね
あ、でも、けっこう明るい?のかな?

摩周湖では最初私と他にもう一人いて、その方はフィルムでした
その後来た方々は、みなさんいわゆるデジのハイエンド機種で、構図とピントを決めるのに少しゴチャついた後は25秒露光インターバル5秒で連続自動撮影
あとは電池が切れるまでのんびり星空を眺めるだけ・・・って、これは羨ましかったな~

フィルムの方は一枚だけ撮ってその場を離れたんで、自分も誰もいないところに移動です。タンチョウの名所なんかと同じで、ちょっと気後れしちゃいました
やっぱり誰もいないほうが気楽でいいです

投稿: mataochi | 2012年12月14日 (金曜日) 午後 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/48324524

この記事へのトラックバック一覧です: 流星群:

« 白鳥幻想 | トップページ | 穏かに »