« 湿原を行く | トップページ | 幻日 »

出港時間

201301_65
-23.6

-19.0

-21.1

-22.8

-24.8

-23.7

-24.3

-22.5

-19.6

-21.3

ここ10日間、最寄りのアメダスの最低気温

今年になって、いや、まあ、年末からずっと

呪文のように繰り返す「寒い~~~」の言葉

寒い土地ではあるけれど、あらためて見ると・・・ほんと寒いわ

201301_66
それで毎日良い天気

朝陽も夕陽もまあ~キレイなんでしょ!

・・・のはずが

これがなかなか、タイミングが良くなくて

夕陽なんかは全く見に行けず

せっかくの朝の景色も、雲に翻弄されたり

自分で微妙に見る位置を外したりして、ほんと、バカ!

201301_05

とりあえず1/9は朝の海

どうかな~と思ってたけどなんとか雲にジャマされずに朝陽が出る

201301_04
伸びて伸びて、ちょこっと変形

だけどここまで

おまけにまた、眩しい・・・

眩しいのはね~、あまり面白くない

は、ゼイタクなんだけどさ!

201301_03
かえって遠くから見えたら四角だったかも・・・などと

201301_04

ってことで、性懲りも無く今度は12日

この日は夜明け前からバッチリ雲も無く、カンペキな状況

でもちょっと、しいていえば冷え込んでる割には蜃気楼が弱い?

でもそこは太陽が上がる瞬間にも変わるから・・・

なにせワクワクドキドキ

ただ、いつも見るポイント

そこにはあまり写真屋さんは来ない場所なんだけど、なんでかこの日は3人4人ゾロゾロと

とうとうここもメジャーになっちゃったか・・・

と、アマノジャクな自分は場所をずらす、が、後になってこれが裏目

バカだね~

は、ともかく

日の出前になんか不思議な光の柱が見えました

なんだろう???

未だ不明

201301_08
と、そこに白鳥さん

この日はすっごく活動的

宿で餌付け始めたのかな???

これはこれで、名物になるかも

201301_09

で、出た!!!

ん~~、ここでのフラッシュはなし・・

ああ、そういえばクリスマスの頃の野付の夕日で、ブルーフラッシュの写真見ました

天頂が緑で、その両サイドが徐々にブルー

何人か同時に撮っていたそうでしたが、写ったのは一人だけだったそうで、うん、思い切り自慢されてしまいました~

オイラも自慢したいな~~~~~

でも聞くところによると、要するにメッチャ高いレンズじゃないと写ってくれないらしい・・・・・

201301_12
変化しながら、ん~、四角になるかな~?

ってか、白鳥さん! もちょっと上飛んで~~~!

201301_13
んと、上が凸凹しながら丸くなってしまいました

けどまあ、なんとか四角、よね

201301_72

今年最初の四角い太陽!

実はこの時、船が港を出てきてて

201301_14

あら?、そういえば船、ホタテ漁って、今までずっと夜明け前に出港してたよね

うん、そう前回来たときも日の出と同時に出港だった

今年(今期)から出港時間変わったんでしょうか・・・

え~~~?

ってことは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

場所~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!

そうね、いつもの場所にいたなら、この太陽と船が重なってるって訳

もう!バカバカ!!!

201301_71

それはそうと、太陽の方も佳境に

201301_73
やっと船が

急げ~~~~

201301_74

遅い~~~~~

あら~、日の出終了~

船は間に合わず、ひたすら残念

201301_75

太陽に向かって出港! だったのに

201301_76

いやいや、良い感じだね~、しかし

・・・・・・

201301_77

返す返す残念なことで

まあ、また今度

出港時間が夜明けと同時なら、いつでもチャンス有りだもんね

お?・・また白鳥さん来た

201301_78

今度は良い高さだけど

これもちょっと前に来てくれてればな~~~~~

201301_80_2

って、でも

ちょっと、かっこいいかも?201301_81
ワシ君もいるんだけど・・・

まだ光の柱がありますね、ほんと、何なんでしょ?

201301_83

201301_92
201301_94
ワシ君飛び立つ

12日はここまで

201301_34
オバケ船団 その1
201301_53

海が輝く

201301_60

オバケ船団 その2

201301_42
こりゃオバケと言うより

幽霊船?  ・・・怖~

201301_21
年末からの船の画像まとめて出してます

この出港シーン、なんだか好きなんだな~

時間が無い時は見てられないけど

201301

ウチのアカゲラ

エサの催促

小鳥って横向いてこっち見るんだよね

やっぱりなんか、マヌケ顔

・・・・・

ちょっと記事が長くなっちゃったわね、お付き合いありがとうございます

|

« 湿原を行く | トップページ | 幻日 »

マタオチ村」カテゴリの記事

太陽の世界」カテゴリの記事

道東の景色」カテゴリの記事

風物詩」カテゴリの記事

コメント

あれは、サンピラー又は太陽柱っていうやつじゃないでしょうか。

太陽に向かって出港する船団や目の形になってる白鳥のシルエットはとても綺麗ですね。

投稿: むささん | 2013年1月15日 (火曜日) 午後 01時42分

サンピラーは、太陽の上か下に出るので違うと思います。若しかしたら納沙布の平和の塔かも知れません、開陽台からも見通しが良い時には見えますので。
で、このSLの様な船は途中で止まって仕舞って戻ってきました、故障だったのでしょう。他の場所で観てました。

投稿: 888 | 2013年1月15日 (火曜日) 午後 08時43分

なかなかウマイところを飛んでくれない白鳥
蜃気楼が弱く、宙に浮かない船
そしてわざわざ良い場所を変えて角度がずれた太陽
不満はいっぱいあれど
太陽さんが変形してればOK!

うん、太陽柱では無いです
船の横の方の写真なら違うのがわかりますね
ん~、でも人工物って感じじゃないんだよね~
ま、そのうちわかるかな???

野付の船団には漁場からすぐ引き返してくる船が必ずいて、自分で思うに多分それは水先案内と言うか、漁の開始を合図(監視)すると思われる船なんだけど・・・

まるで蒸気船のようだったから、これで蜃気楼が強かったらすごい幽霊になってただろうな~
てか、今時蒸気船ならすごい名物!


投稿: mataochi | 2013年1月15日 (火曜日) 午後 10時06分

こんばんはー。

12日自分も太陽撮りに行ってました。初めての変形太陽でした。うーん素晴らしい感動的でした。実は、結構通っていますが初めてです。いつも週末しか行けないもので行って良かった、通って良かった瞬間でした。
船と白鳥のシーンかっこいいですね!自分もいつか撮りたいと思います。
頑張りますよー

ブルーフラッシュの写真見ました。ホントブルーでしたよ。読売新聞にも出てました。いいレンズ欲しいー

投稿: マサ | 2013年1月16日 (水曜日) 午前 01時06分

初変形でしたか!!
運が良いとたまたま来て見れちゃう人もいるけど、見たい見たいと思って来るとなかなか会えないもんで・・・それはそれはおめでとうございます!
ま、白鳥だの船だのってのは2の次
太陽さんが変形してくれたらそれだけで幸せ!

いいレンズ欲しいー・・・だよね~~~
でも、なにせ自然現象が相手
「運」 が無ければハジマラナイ

投稿: mataochi | 2013年1月16日 (水曜日) 午後 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/48726085

この記事へのトラックバック一覧です: 出港時間:

« 湿原を行く | トップページ | 幻日 »