« 222 ~ 四角い太陽 | トップページ | お月見 »

船は行く 氷の海

0223001

なにせ岬の氷が気になってたから、今日は迷わず、昨日に続き朝の海

海まで出てみると、う~ん、今日も氷は無し?でも先まで行けばあるかも??

て言うか、雲もかなり怪しいし・・・ま、気楽に構えましょうか

と、センター付近まで来てみると、おお~っと

流氷本体は沖に行っちゃってるけど、座礁して取り残された氷が良い感じです

ちょうど良い所にはそこそこ人がいたので、少し戻って

あのワシ君と仲良ししようかな

などとかなりテキトー、だってこの雲でしょ、無理よ無理!

0223003

なんてこれまた呑気してたら、わっ!出た出た

左の本物の雲をギリ躱して、雲に見えていた気嵐?薄い雲は素通しで太陽さん

で、ワシ君と重ねるつもりでここに構えたけど、予定変更

せっかくだから漁船と太陽ね

と、そういえばここまで来る途中、港から例の如く船の行列が見えてた

てことは、氷は無いのかな~?とか思ってたけど

いやいや、接岸してないだけでけっこうありまっせ~

昨日も書いたけど前も後ろも氷が詰まってるのよ、おかげで海はめっちゃ凪なんだけど

ひとつ間違えば、数年前のシャチの群れの如く氷に閉じ込められるかもって・・

氷の海に漕ぎ出す漁師さん、やっぱり凄い

ま~、羅臼の船に比べたら、まだまだ温いとか言われそうだけど

0223004

来た来た次の船、え、あら、でももしかしたらこの船最後???

0223005

ここだけは気合を込めて、パシャ!

ん~~~、良い感じ~~~!!!、満足満足

で、船から目を離すと、あああ、ワシ君行っちゃうの~~~?

このあと君が主役なのに・・・・・・・・!

0223006
しっかしホントに見事な隙間

ま~、これは神様のご褒美(偶然)だけど

なんにしても、力の無い者にとって、この隙間を見つけるってことはけっこうポイント

まあ、ハズレも多いんだが

もちろん強引に入ったらそれは意味が変わっちゃうけどね

0223007

イイ太陽です

まあ、どっちといえば、マルに近い?

晴れれば昼夜の温度差の大きい今、変形確率高い

0223008

日が上がってからも、氷の海は素敵です

0223009
あっちこっちで光の饗宴

0223011
けあらし

0223014

背景がスクリーンの船

あのさざ波が無ければ、空飛んでるみたいなんだけどな~

0223015
けっこう陽が高くなってもまだ粘る

ここが今日の一番人気の場所

ここもさぞ美しい景色

・・・というか、昨日ここって、メッチャかっこよかったのかも????????

ちょっと想像しただけでも・・・・・ま~、しょうがないわね~~~

0223016
毎年ここで、ほんとにピンポイントでこの場所で、必ず一つは見かけるこの形

なんか、造り出す機械があるのかな、ここに

そういえば一つ上の画像に浮かぶ二つの氷も、毎年あそこにあるような・・・

あの場所こそなんかあるのか?な??

0223019
帰りがけに、いつも気になるこの景色

今日も絶好調!

0223020
すっかり数の減った感のオオワシ君

気嵐見ながら何思う

バイバイ!

明日もあえるかな~?

|

« 222 ~ 四角い太陽 | トップページ | お月見 »

太陽の世界」カテゴリの記事

歳時記」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野付」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
なんと!!昨日野付行ってたんですね~。自分も行ってました。いい景色だったのですがちょっと場所失敗しちゃったかもっていつも失敗の連続。
でもキレイでしたね。流氷、気嵐、幻氷、船どれを撮影するか迷いました。また行こうっと(^^)

投稿: マサ | 2013年2月24日 (日曜日) 午後 09時25分

やった~!
良い日に訪れましたね~
なにせ良い景色見ることが出来たら幸せです
自分も写真なんか失敗ばっかり
あ~だこ~だ考えながら、でも結局その場になると何やってるんだか・・・
いつもいつもあ~すればよかったこ~すればよかったの連続
でも、だから楽しい
まだしばらく楽しい日?が続きそうです


投稿: mataochi | 2013年2月25日 (月曜日) 午後 11時43分

実は、この日、マタオチさんの直ぐそば(海に向かってやや左)で撮影してました。同じ日でしたが、なかなかこうはとれませんでした。脱帽です。

投稿: NY | 2013年4月16日 (火曜日) 午後 02時05分

え! あら? 正体バレちゃってましたか~?お恥ずかしい・・
いえいえ、この日は記事に書いた通りほとんど日の出は諦めていたのでホントに「イイカゲン・テキトー」な感じで構えてたんですよ~
まあ、それがかえって「好い加減・適当」になってたって訳ね
要するに、ただの偶然!
 

投稿: mataochi | 2013年4月16日 (火曜日) 午後 10時04分

東京在住ですが、中標津を中心に活動している写真クラブEPCのメンバーにしてもらっていて、その頃、厳冬の大地の撮影会で中標津に行っていたので、23日の早朝は野付に行ってみました。クラブの人に写真を見せたら、マタオチ村さんと凄くにているアングルだと言われて、いろいろ話を聞いたら、ちょっと高い位置にいて、車に乗っていらっしゃったのがマタオチ村さんだったのかと、事後的に納得したような次第です。中標津は2008年の夏にマタオチの近くの旧若竹小学校併設の住宅で、一ヶ月移住体験をしました。最近全く更新していませんでしたが、当時は、http://nakasibetu.exblog.jp/でブログを書いていました。中標津には時々参りますので、よろしくお願いします。

投稿: NY | 2013年4月17日 (水曜日) 午前 10時54分

おお~っと、東京ですか!
2月後半、ずっと良い天気(気象状況)だったのでさぞ満喫されたことと思います
野付は一度出かけてしまうと止められない魔力があります
お気を付けて・・・は、もう手遅れ?
いやいや、また遊びに来て下さいね!

投稿: mataochi | 2013年4月19日 (金曜日) 午前 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/49605933

この記事へのトラックバック一覧です: 船は行く 氷の海:

« 222 ~ 四角い太陽 | トップページ | お月見 »