« 去りゆく氷 | トップページ | 冬の日 »

ニ~エ~

Dsc_9880_01

今朝起きてみると東の空は雲、けど南東は快晴

ん~~~、上がってみる?   と、

お~、水平線はクリアですよ~~~

結構あった雲を避けるように太陽さん登場~!

Dsc_9882

なんとなく緑に発色しながら

Dsc_9883_2
ニ!

二つの光の間に緑のモヤモヤ

Dsc_9884
上と下が燃え上がる炎でくっついて、「エ」
Dsc_9885
ジワ~っと拡がって
Dsc_9886
拡がって・・・
Dsc_9894
平べったい太陽
Dsc_9895Dsc_9896Dsc_9898Dsc_9904Dsc_9910Dsc_9920
二段目の変形

順調に拡がっていったのだが・・・残念、角まで広がる前に丸く

なかなかキレイな四角にはなりませんね~

なんにしても、幸運でした

日の出時間が早くなってきたから、なかなか毎日という訳にはいかないもんね

そうそう、一昨日4/11

Dsc_9844_3
イイ感じの雲だったのだけど、焼けきれず、穏やかな朝

Dsc_9848
朝陽もボワ~っと雲の中
Dsc_9874_01
春だね~!って朝

毎日毎日雪融けが進んで、今日また午前中ほんとに春の陽気で

畑もエライ勢いで見えてきた

そろそろみんな、冬眠から覚める頃

|

« 去りゆく氷 | トップページ | 冬の日 »

マタオチ村」カテゴリの記事

太陽の世界」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見しています。四角い太陽は、氷点下20度ぐらいから下でないと現れないとか聞いていましたが、さほど気温が低くなくても朝日の形って変形するんですね。

投稿: NY | 2013年4月16日 (火曜日) 午後 01時57分

こんにちは!はじめまして!!
NY・・NewYorkさん??ご観覧ありがとうございます!
四角い太陽、誰が言い始めたのか分りませんが多くの人が真冬のものと誤解されております
まあ、蜃気楼のできる条件として地表(海面)と大気の温度差ってのが重要なので、真冬の寒冷地の海岸は比較的条件が安定してるってこと
なので本来、日の出が目線の高さから見ることのできる場所なら、冬でも夏でも日本中どこでもいつでもどこでも観測できるものなんですよね
と、以前もどこかの記事の中で書いたような・・・


投稿: mataochi | 2013年4月16日 (火曜日) 午後 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/51214934

この記事へのトラックバック一覧です: ニ~エ~:

« 去りゆく氷 | トップページ | 冬の日 »