« 朝霧の中 | トップページ | 嵐の前 »

冬の足音

201310_120
昨日の朝

またまた焼けてました、が

レンズを望遠に交換後の、この後1分間ぐらいがベストだった

それでもやっぱり、ここは海

良い景色

201310_122
その泣く泣く交換したレンズで見る景色

出だしはイイ感じ

201310_129
でも直ぐに、めっちゃ強烈な日差しになって直視は無理

そこそこ変形しておりましたが、ほとんど見えないので感動も無く

やっぱりね、見ながら撮れる太陽さんが最高なんだけど・・・

201310_99
と、カメラを横に振ると、そこに

蜃気楼と光で、うわ~~!、かっこいい~ぞ~~~

ここ、この角度にに太陽さん来てたらね~、さぞカッコイイのが見られたことでしょう

201310_68
午前中は晴れていたけど、いやま~、ほんとに風が冷たくて

夕方近くに山からの雨と風で虹が出た

いつもの、季節が動くサイン

てことは、今見えてない山には、きっと雪が・・・

201310_113
一夜明けて、隠れていた山が徐々に顔を出すと

やっぱり白い

ちょっとだけどね

201310_117
昼には快晴になって、山もスッキリ

雪はだいぶ融けちゃったけどね

感慨深い初冠雪

冬の足音





|

« 朝霧の中 | トップページ | 嵐の前 »

マタオチ村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/53602452

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の足音:

« 朝霧の中 | トップページ | 嵐の前 »