« 夕焼け雲と | トップページ | Looking back upon 「四角い太陽」 ~11/6 »

四角い太陽

201312_51
25日夜、イイ感じに冷えて来て、久しぶりに満天の星空

これは、明日はバッチリでしょ~、お出かけお出かけ

と、期待して朝起きると

どよよよよ~~~~ん、の思いっきり曇り

月は溺れ、星は全く無し

ダメか~~~

ん~~~

でも、なんとなく地平線だけは雲が無いような・・・行ってみようかな

201312_53
海まで来たら

どよよ~んと空を覆ってた鉛色の雲が

ゆっくり、ジワ~っと染まる

で、いつの間にか、とんでもない絶景になっちゃった

いや、ほんと、迷った末に来だけに、これは幸運

感謝感謝

もうこれだけで一日終わった感じの脱力感でしたが

201312_64
日の出直前、小舟の姿は絶好の蜃気楼

しかも今日は、普段の不運な自分じゃなくて

空いっぱい雲が広がってるのに、日の出の位置だけ雲が無いっていうスバラシイ状況

でも、まさかね、きっとまた眩しいんだろうなぁ、とか

脱力してるもんだから、あまり期待もせず日の出を待ってると

201312_65
出た

海と空の融けた場所に、フッと滲み出す

201312_67
緑の太陽

201312_68
扁平

201312_76
一羽だけいた白鳥さん追っかけてダッシュ

でもちょっと近くてピンが

この頃、太陽さんはずっとフラッシュしまくり

201312_77
せっかくのダッシュなのにこの白鳥さん、落着きなくて、移動速度が速い

ま、いいか、太陽さん良い形になって来たし

201312_78
これ、何?

順調に変形しながら

201312_03
今日一番のグリーンフラッシュ

201312_79
変形六角

白鳥~~~! 戻って来い~!

の呟きは、奴には聞こえない

201312_80
太ってきて

201312_81
徐々に四角に近づくも

だんだん頭が丸く

201312_03_2

少し頭はマルイけど

四角い太陽、完成!

201312_86
いつものように括れ

201312_88
達磨さんというより、人のアタマ

激しい変形の時は、だいたいこうなるようで

201312_90
二つの太陽

ひとつは上り

もう一つは、海を焦がしながら沈む

白鳥さんも、小舟も、最後まで上手く被らず残念・・・

201312_91
葦越しの光

201312_73
葦越しの波色

201312_96
完全に陽が上った後、寝ていた白鳥さん達、動き始める

んんん~~~、遅刻~~~!!!

201312_98
この画の中に、太陽さんいればね~~~

まあ、なんにしても、幸せ

201312_02
はっきりすっきりの四角い太陽見るのは11/6以来

いつもいつも、ジャマされてたからね~、雲に (自分が見てる場所だけ?)

年内、もう一度あるかな~!?

























|

« 夕焼け雲と | トップページ | Looking back upon 「四角い太陽」 ~11/6 »

太陽の世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26155/54399732

この記事へのトラックバック一覧です: 四角い太陽:

« 夕焼け雲と | トップページ | Looking back upon 「四角い太陽」 ~11/6 »