突然

2014_227

今朝、空は一面、全て雲

のんびりしてたら

日の出の時刻、窓の外が真っピンク

ギャ~~~

慌てて外に出た

が、鮮やかだった光は、すぐに雲の中

ほんの隙間、まあ、気付いてから構えても遅いんだなぁ・・・

空の気紛れ

2014_224

そろそろ氷、融けたかな、と思って根室まで行ってみた

昨日は土曜日で、春先の撮影名所には、カメラがいっぱい

って、ちょっと混んでるのは、車が停められるとこだけで、まあ、お祭りのような状況ではない

ちょっと離れて景色を楽しむ

良い景色だな~

2014_225

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春霞

2014_191

わかっていたことだけど、大方の予想通り

春です

昨日今日、最高気温は+10℃近くまで上昇

今日は最低気温も、0℃を少し下回った程度

朝から空はどよよ~~んと鉛色

今にも雨が降りそうで、降らない

昼間、Tシャツにパーカーで外に出ても寒く無くて

畑の雪も、融ける融ける

もう一回、春です

2014_192

鉛色の空から、少し優しい色の空になり

中国のPM2.5 ? とかの噂もありますが

どちらかといえば、黄砂??の雰囲気もあり

いつだったか、ロシアの大規模森林火災の時も、こんな空だったなぁ

2014_189

なんにしても

春の空

2014_193

夕方になって出てきた太陽さん

春霞の中、穏やかな灯りで、まるで満月のように浮かんでた

2014_194

定番の場所で

ホント、いつもここ来ると、美瑛だよな~、って

今日は霞んで、この画に入り込むはずの阿寒の山が見えないから、余計に美瑛の感じが強い

でも、そんなこと言ったら、この場所に失礼ですね

あっちがここに似てるのさ、って言ってるかも

2014_196

とか言ってるうちに

そろそろ灯りも弱くなり

いやいや

いい空気に包まれております

ここはMamiya6で写したかったな~、こういうの、メッチャ良い色出るのよ~

最近は、まったく出番無しなんだけどね~

2014_44

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冷えた朝

2014_138
ちょいとね、冷えた朝

2014_100
今年はなんだか、冷えた日が少なくて

いつもなら普通に通り過ぎる景色にも足を止め、辺りを見渡してみる

2014_106
霧氷がキラキラ

もっと冷えたら、どこもかしこもキラキラ真っ白なんだけどね~

今年はまだ、ホントに川沿いにあるだけ

2014_113
毎年何度か、撮ってみたくなる

まあ、いつもそう変わりは無いけど

2014_121
雪面にも霜が降る

2014_122
金細工みたい

この時だけは、大金持ち!!!

いっしょうけんめい集めて、気が付いたら、ただの草

なかなかお金持ちには、なれない

2014_125
はがれた霜がキラキラ舞うとね~、ちょっと足りない

2014_140
ちょこっと気嵐が造るキラキラの世界

2014_137
これくらい冷えればね~、去年の冬は寒かった!








| | コメント (0) | トラックバック (0)

凍る海

2014_59

今朝野付に行ったら、ちょっと見ない間に湾内ほとんど結氷した

氷下漁も始まっていて、真冬の風景

でも、氷の上を走る漁師のスノーモービルは、ソロソロ~っと、さすがにちょっとおっかなびっくり模様だったかも

2014_54
そんな訳で、今日は久しぶりに港で朝陽

そうそう、いつ見てもカッコいいね~~~、夜明けの出漁

朝陽も期待できそう・・・・???

2014_02
・・・だったのに、また右の方から怪獣雲がやってくる

今期はいっつもこのパターン

2014_09
ん~~~、またまた残念、ホント、いつもいつも

いや~、海に出るまでは、けっこうカンペキと思ってたんだけどなぁ

もっと画像が並ぶ予定が・・・

ということで、少し戻って

201312_30
さて、年末も押し迫った、大晦日

今年最後とばかり、26日の二匹目の泥鰌目当てに朝の海にきてみたが

ん~、やっぱり雲か~~~

この海を漂う低い雲は、やって来ないと分らないんだなぁ、でもギリギリ大丈夫かも?

なんとか無くならないものかと朝陽を待つものの、雲の流れは右から左

うん、ダメだ・・・日の出時間が迫って、完全に諦めた頃

またまた焼けてくれました

201312_34
ほどなく、雲から出てきた太陽さん

良い景色だわ、ホント

出かけて来ただけのウメアワセは、ちゃんとしてくれますね~、ありがと

201312_39
やっとこさ凍った海

沿岸には、打ち寄せられた氷

201312_43
おもむろに手にすると  (・・・誰の手???)

おお~、金塊かダイヤか~~

冬の朝にはキレイがいっぱい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の終りを告げる虹

201308_119
天気は今日もグズグズ雨降り

困ったもんだ

と、午後になり

辺りは霧雨、そこに光が入って

ふと、気が付くと、あら~~~、虹

201308_112
虹は土地柄、よく見られますが

いつまでも続くこの虹は、

8月と10月、毎年必ず、ってくらい見てる

夏から秋、秋から冬

風の変わる、季節の移ろいのサイン

201308_120
最初は濃い、二重の虹が見られたんですが、気付いた時は作業中

仕事を終えた頃には青空も出て、ま、ちょっと薄くなりました

何にしても長い時間、虹の中

それだけで、なんだかウレシイもんだ

201308_102_2





| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻の湖

201306_03
先日、道新に出ていた、通称ソーキップ岳の沼

右上の山がソーキップ(1026m)ね

ウチの方からだと中央奥の山と合わせて双耳峰のように見えます

麓からもけっこう雄大に見えて、存在感のある山ですが

山の北側には台地が広がって、そこは「神遊びの庭」

新聞が良いきっかけになったので訪れてみました

201306_15

新聞記事の通り、道は無いので、ま、適当にルートを選んで歩いて行くと

いやいや、この道中、楽しい楽しい

201306_41

新緑、花、雪渓、スノーブリッジ

気温が上がって、霧が立ち、美しいのなんの

201306_18
いや、この沢、このあたりめっちゃカッコイイ

雪の厚さもおそらく10m位はあるので、来週には「氷のトンネル」になるかも・・・?

201306_20
幻想沢

201306_24
感動的なエゾヤマザクラ

この山奥でこのサイズはなかなかですよ~~~

201306_27

完全に、まったりモードでお花見

沼まで辿り着けるか???

201306_42
雪の下から顔出すリュウキンカ

カワイイなぁ~

201306_39
なにせ、もうずっと、延々続くリュウキンカ

でも、いい構図が決まらない・・・その辺はセンスだよね~

201306_37

雪、やっぱりいっぱい残ってるのね

そもそも林道にもまだ雪けっこうあるもんね~

ほんと、今年は凄いわ

201306_61

高さ5cm程のコザクラ

超カワイかった

名前あるのかな・・・普通にエゾコザクラなんだろか

201306_65
天然の金露梅

咲いてるとこ見たいな~、見たいな~~

201306_63

チシマザクラと斜里岳

は、ちょっと遅かったか・・・

201306_28
こんな谷、上がってきました

まあ、そんなこんなで

201306_01_2
いやいや、無事到達

思わず笑みがこみ上げてくるよ~~~

風の音と鳥の声

いい~~~い雰囲気

大量に押し寄せる吸血鬼さえいなけりゃ天国なのだが・・・

ま、だからこそ道東の自然は保たれてるのかな

201306

左奥が武佐岳

この台地のはずれに、以前記した古の「武佐鉱山」があります

あの沼も、少しは硫黄が混ざってるかも・・・?

幻の沼

201306_14
帰りはおみやげい~っぱい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ところで、今、家にフクロウさん遊びに来てます

ホ~ホ~・・・ホ~ホ~

ずっと鳴き続けておりますよ~、ウレシイね~~~、姿は見えないけど

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ひとやすみ

Dsc_3817

今週、ほぼグズグズの雨雨曇りの週間予報だったのに、実際はほとんど毎日晴天良い天気

おまけに、今現在晴れているにもかかわらず、TVじゃ曇りだ雨だって言い張って・・・る訳では無いのでしょうが

ま~、日本のはずれの天気なんて、どうでもいいんでしょうね~

でも、良い方に外れるのは、まあ、良いか

Dsc_3821

てな事で毎日これが忙しく、毎日寝不足

相変わらずリアルタイムで更新できませんわ・・・

Dsc_3828
今朝は窓の外、突然「ホ~~~・ホケキョ」

あら~! 来たのね~、鴬

気が付けばもう、賑やかな小鳥の声

ピピピピピピピピピーピーピピピピピピピピーピーピピピピ・・・・・・・とヒバリ君

辺りを見廻すと、お~!いるね~、ノビタキ・ベニマシコといった夏の鳥たち

ところで家の周りの雪が融けて、餌を置かなくなったとたん

あれだけウジャウジャ集っていたカラ・ケラ類は姿を消して、う~ん、現金なもんね~

Dsc_3840

そして、最近ずっと毎日見かける白鳥さん

北に帰る途中、近所の畑でひとやすみ

Dsc_3842

昼間ここで、こぼれたデントコーン見つけて栄養つけてたんでしょう

通りがかるとちょうどどこかに飛び立つ雰囲気

待ってたら、まるで鶴居のタンチョウが如く、チョコチョコと数羽づつ

しかも北へ南へ西へ東へ・・・どうなってんの???どこ行くの???

一斉に飛んだら凄かったろうにな~~~、とか思いながら
今日は野付泊まり?

Dsc_3885

Dsc_3888
あ、この山は、西別岳とカムイヌプリ

摩周湖の反対側ね

Dsc_3915
暗くなってきてから、そこそこの群れでのV字編隊

こうでなきゃ、とか思っても、もう動くものを撮るにはキツクなり・・・終了

残った白鳥さん達は、ここでお休みかしらね

月夜だったので、摩周湖まで上がってみました

Dsc_3937

そうそう、流星も見れるかな、って

いや~、いつ見てもキレイだな~

って、あれ? 心なしかフェンスが高くなったような気が・・・・・

流星、9時半頃にメッチャ明るいのが1つありました

もちろん、撮れてません・・・・!  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の湿原号

20130208_12

どちらがついでか分りませんが・・・?

何か用事を作ってはSL見物

だってね~、やっぱりカッコイイんだもん

20130201_01
この日は冷えてて、昼のこの時間までギリギリ樹氷が残った

寒かった今年の1月中旬、あるいはもう2時間前に運行してくれたら真っ白なんだけどな~

20130208_09

ここは朝の景色を見ちゃうと、真っ昼間じゃあんまり・・・?

20130208_11

毎年のことなので、いつもなら「今日は重連だから・・・」って日に出かけるのだけど

今年は一機(207号)故障で重連は無し。近年この子が牽くときはいつもDLが付いてたから、まあ、ずっと調子悪かったみたいだけどね

なので、一機だと整備等もありで期間中連続で走らせることが出来ず、WeekdayはDL冬の湿原号(ディーゼル車)になり、SLはほぼ週末のみ運転

そんなこんなで今年は盛り上がることなく???昨日終了

来年以降気になりますね~、復活できれば良いのだけど・・・

20130201_2

ところで、湿原号が終わって

次は多分函館大沼なんだけど

いつ、どうやって移動するのかな~・・・って毎年気になるんだけど

気になるだけで、全く誰に聞くともせず未だ謎

でも昼間堂々と走ってたら、誰か見てるよね~~~、だからきっと、夜にコッソリと・・・かな





| | コメント (2) | トラックバック (0)

船は行く 氷の海

0223001

なにせ岬の氷が気になってたから、今日は迷わず、昨日に続き朝の海

海まで出てみると、う~ん、今日も氷は無し?でも先まで行けばあるかも??

て言うか、雲もかなり怪しいし・・・ま、気楽に構えましょうか

と、センター付近まで来てみると、おお~っと

流氷本体は沖に行っちゃってるけど、座礁して取り残された氷が良い感じです

ちょうど良い所にはそこそこ人がいたので、少し戻って

あのワシ君と仲良ししようかな

などとかなりテキトー、だってこの雲でしょ、無理よ無理!

0223003

なんてこれまた呑気してたら、わっ!出た出た

左の本物の雲をギリ躱して、雲に見えていた気嵐?薄い雲は素通しで太陽さん

で、ワシ君と重ねるつもりでここに構えたけど、予定変更

せっかくだから漁船と太陽ね

と、そういえばここまで来る途中、港から例の如く船の行列が見えてた

てことは、氷は無いのかな~?とか思ってたけど

いやいや、接岸してないだけでけっこうありまっせ~

昨日も書いたけど前も後ろも氷が詰まってるのよ、おかげで海はめっちゃ凪なんだけど

ひとつ間違えば、数年前のシャチの群れの如く氷に閉じ込められるかもって・・

氷の海に漕ぎ出す漁師さん、やっぱり凄い

ま~、羅臼の船に比べたら、まだまだ温いとか言われそうだけど

0223004

来た来た次の船、え、あら、でももしかしたらこの船最後???

0223005

ここだけは気合を込めて、パシャ!

ん~~~、良い感じ~~~!!!、満足満足

で、船から目を離すと、あああ、ワシ君行っちゃうの~~~?

このあと君が主役なのに・・・・・・・・!

0223006
しっかしホントに見事な隙間

ま~、これは神様のご褒美(偶然)だけど

なんにしても、力の無い者にとって、この隙間を見つけるってことはけっこうポイント

まあ、ハズレも多いんだが

もちろん強引に入ったらそれは意味が変わっちゃうけどね

0223007

イイ太陽です

まあ、どっちといえば、マルに近い?

晴れれば昼夜の温度差の大きい今、変形確率高い

0223008

日が上がってからも、氷の海は素敵です

0223009
あっちこっちで光の饗宴

0223011
けあらし

0223014

背景がスクリーンの船

あのさざ波が無ければ、空飛んでるみたいなんだけどな~

0223015
けっこう陽が高くなってもまだ粘る

ここが今日の一番人気の場所

ここもさぞ美しい景色

・・・というか、昨日ここって、メッチャかっこよかったのかも????????

ちょっと想像しただけでも・・・・・ま~、しょうがないわね~~~

0223016
毎年ここで、ほんとにピンポイントでこの場所で、必ず一つは見かけるこの形

なんか、造り出す機械があるのかな、ここに

そういえば一つ上の画像に浮かぶ二つの氷も、毎年あそこにあるような・・・

あの場所こそなんかあるのか?な??

0223019
帰りがけに、いつも気になるこの景色

今日も絶好調!

0223020
すっかり数の減った感のオオワシ君

気嵐見ながら何思う

バイバイ!

明日もあえるかな~?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

流星群

12_22

昨日、12/13

昼間っからすっごく良い天気、手が離せなかったのでめっちゃ鮮やかな夕陽を横目でチラチラ眺めながら、「あ~、どこか行きたいなぁ~~~」

日が暮れて、ん?そういえば今日って流星?こんだけ晴れてりゃ見ない手は無い

NEWSではなくお天気のコーナーでちょっぴり紹介してただけなので、ま、いつもの如くそんなに期待はせずに「どこで見ようかな~」 ・・は、定番の摩周湖

着いてみると、すぐに大~~っきな流れ星が迎えてくれました。いやいや、こりゃけっこう・・降ってますよ~、久々の大当たりです

ただ、出る場所が頭の上ばかりで、風景にはなかなか・・・

12_25
ちょこちょこ人もやって来たのでしばらく眺めてから場所を移動して静かな場所に

この直前、極大の流星が天頂から地平に突き刺さったのだが・・・・あら~、書き込み中

ん~~~、イジワルなタイミング

こういう時はやはりハイエンドな機種がうらやましい・・・・・というか、フィルム持って来れば良かったんよね~、失敗!、まさかこんなに流れるなんてね~

結局なんだかんだ、日が変わるまで夜空を眺める。楽しかった~ happy01

12_26

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧