ピリカネップ~奥庶路~阿寒富士林道

Pirikaneppu そろそろバイクの季節も終わり・・・どこか行かなきゃ!

ほんじゃまた、温泉でも行くか~~~

ついでに、あの山岳林道はどうなったか見てこようっと

Imgp0754 R241阿寒横断道路からR240釧路方面に下がって、ピリカネップを右折

ここから林道

途中、右の林道に入れば白湯山経由で阿寒湖

その先、林道また右で赤沼と、そのあたりから左に作業道に分け入ると直接、雌阿寒岳の登山口。この道も楽しい

Imgp0755

普通に真っ直ぐ来ると、雌阿寒川に

Imgp0762 川を越えて坂を駆け上がると、右手にこんな湯流れが

湯といっても、ん~、ぬるい水くらいの温度

阿寒には、こんな湧き水があちこちにあります

火山活動によっては、温度が変わるかも・・?

Imgp0764 流れの源泉沼

一帯は鹿の遊び場みたいね

ちょっと変わった景色、おもしろい場所です

Imgp0768 前の沼あたりから林道は尾根上のストレート

気持ちよくカットビ~・・・

おっと、この分岐を右ね

Imgp0782 振り返ると、阿寒富士、雌阿寒

イイ道だ~!

Imgp0770 分岐から急坂を下るとほどなく

んんん・・・ここからはいわゆる林道ではない、なので、整備もされない

もちろん地図には無い道

普通、伐採や植林に使う作業道は、使われなくなると「あ」っていうまに荒廃しちゃうのだけど、その割に、なんとか道路として残ってるのは

ここで庶路と阿寒が繋がってるのじゃ~

廃道状態の道をえっちらほっちら藪漕いで、こういう道を探し当てるのが林道ツーリングの醍醐味

と言っても、乗用車じゃまず走行不能だし、雨でも降ったら四駆もバイクもキツイけど

Imgp0772 この坂を下りてImgp0773奥庶路、コイカタショロの終点

林道好きにはタマラナイ瞬間

「つながった~~~!」って

Imgp0774 さて、奥庶路の循環林道に出て右

ここが阿寒富士の入口

なのだが・・・・通行止めですね

なので横から、って、コラコラ!

Imgp0775 正面に阿寒富士

一時、この道を使って雌阿寒岳に行く登山道が整備されたようですが

なにせアプローチが長い、林道の奥の奥の奥だもんね

歩く距離はほんのちょっとだけど

まあ、普通に登山で使う人は、ほとんど無かったんじゃないだろうか・・

Imgp0776 しっかし道って、使われなくなるとホッントすぐ荒れるよね

入ってすぐなのにもう、車じゃきつそうだけど

なんか気分良い道になってる

Imgp0777 ゴロゴロ石の急坂

ちょいと難所ですね~

ここにちょっとした駐車場所があるんで、登山ルートとしてはここから歩き?

とりあえず、ダダダダダダダ~と駆け上がる

ちょっとヒヤヒヤ

も、束の間

せっかく上がっても、この先すぐに道は道でなくなる

やっぱりこの難所のせいだろうね、上がる車両が無けりゃ道は荒れるものね

というか

徒歩であっても、もう登山道としては使えない状態みたいだな~

標高850mで終了~

Imgp0787 引き返して、雌阿寒川手前の分岐

ここから古道に入ると温泉が

Imgp0788 雌阿寒川に架かる木の橋

ほとんど崩れちゃってますね~

手前のマツが生えてるとこが道路です

って、もうここも道じゃないわね

時間はかかるけど、バイクで来るより歩いたほうが楽やで、きっと

温泉に直接行く道は笹と倒木で、バイクすら行けないので

この少し戻った分岐から歩きます

まあでも、10分~15分くらいかな

Imgp0803 着いた

真夏にはこの川全部温泉

なんだけど

もう、季節的にも寒いし、水量も多いかな

なので、ここで湯船製作!

Imgp0806 ここを

Imgp0818 こうして

Imgp0811 ザブン

いい湯じゃ~~~~~

Imgp0822 白水川が本流で雌阿寒川が支流のようになってるけど

そもそも白い水(川床)の川は雌阿寒川なんだけど・・・な

なんにしても美しい川ですね~

おっと、急いで帰らないと日が暮れる

もう、日が短いからね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)