暮れ行く月に

Dsc_2863

水曜日の未明

なんか変な時間に目が覚めたら、ま~、凄い月明り

こうなったらもう、月見がてら海の朝陽でもみて来ようかな~

Dsc_2871
ほとんどの鹿さんがお休みの中、なにやらゴソゴソところどころに食い意地張った奴

Dsc_2880
月下の世界もいいわね

Dsc_2904_2
お月様、だいぶ地平に近づいてきました

よく見ると、船の出港が始まったよう

そろそろ明るくなってきた

Dsc_2911
鹿さん、ちょっと近いかも

こちらが動くと、相手もちょこっと場所を変え・・・なかなかピタッと決まらない

動くし暗い、こういうの綺麗に撮るにはやはり高価な機材が・・・・・・無理~

Dsc_2916_01
変わらず鹿さん、あっちこっち微妙に位置を変え

お月様も微妙に・・・、あら、結構変形してる?

Dsc_2922
で、で、出た~~~!

オバケ月

これ、満月なんですけど・・・

まあ、月は満ち欠けするもんだから変形は当たり前・・・だったっけ?

Dsc_2950
ホントはこの後、予定ではダッシュで尾岱沼に向かおうと思ってたんだけど

雲の無い月の暮れでフルに時間を使い

東の空は超快晴

間に合わないことはないが、なにか予定がちょっとでもズレたらOUT

おとなしく、ここで朝陽をながめましょうね・・・と、いう訳で、3/27のお話

Dsc_3123
もう

あっという間に3月も終わり

過ぎた時間って、なんでこんな速いんだろ

・・・・・・またね~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

虹色

11_12


いや~、ま~、ホント

10/20を過ぎたくらいから、ほとんど毎日虹が出る

こんなことって無いよね~、まあ、生きてたら色んなことあるもんだ

虹って、そこにあるだけで何だかウレシイ

ん~、毎日幸せ・・・だね

11

虹の出る時って光線も良いことが多く

何でも無い景色が、時に何か特別な景色になることも

ふと気付くと、そんな場面に会えたりするのがまた楽しい

11_10

落葉松の葉っぱ、黄色くなってきた

この時期、どこ走っても目を楽しませてくれます

年に一度の主役ね

Niji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の空

0908a_01
9/8の朝陽

好い雲出てました

この日の天気予報は朝から曇り

「え~~、ウソ~~、晴れてるじゃん!」と、まあ確かに雲はあったが・・・

0908a_04

てことで、この画像はまたまたコンデジ

シャッター音が無いので、撮ったぞ~って達成感は全く無く

ホントに写るの??? いやいや、ちゃんと写ってるね~、すごいね~

それにしてもやはりこの時期、イイ雲出るな~~~

0908_02_2

昼間、青い空に夏の雲と秋の雲が混在

0908_01

前日からは予想通り気温も下がり(ちょっとだけど・・)牛さんたちも食欲旺盛

0908_06

牛肥ゆる秋に   ・・・なったかな?

0908_04

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0909

で、一夜明けて次の朝

ん~~~~~~

こちらも連日、また似たような朝の風景に

0909_02

武佐が雰囲気出して

この日は日曜日ということもあり、街の写真好きクラブの方々が撮影会?に来ておりました

気の合う仲間同士、会話を交わしながら撮影する姿は楽しそうで、羨ましくもあり

0909_08
山で、美しい朝焼けは天気の崩れる前兆と思ってるんだけど

この日はまさにそうで、このあと晴れることは無く夕方には雨

今日(9/10)は終日生温い雨が降り、さながら本州の梅雨のよう

秋には程遠くなってしまったようだけど、まあ、春と同じ、暑さ涼しさ交互にやって来ながらいつの間にか秋に、そしてすぐに冬になるんだろうなぁ・・・


0909_05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギラギラ

いや~~~~~

暑い~~~~~!!!

気温もさることながら、日差しが半端じゃなかった~

ここ道東に於いてはありえないような、尋常じゃないギラギラ日差し

8月も後半だというのにね~、感じでは、間違いなく今年一番の「真夏」でした

そんな今朝

0728_02

今日の朝陽

グリーンフラッシュにまでは言えないが、上がって来たとき太陽は緑色に縁取られたド変形

ぅわっ!  って、普段、雲海になってる時は標高の低いこの丘からだと変形は期待できないんよ

ビックリでしたね~、家は当然霧の中でしたが、ここまで見に来て幸運でした

0728_04
久々の変形との出会いです

思わず顔もほころぶ・・・いいね~!

0728_05
ちょいと高さは低いけど

立派に四角になってました

雲海からの■ってのがいいね

0728_10
日が上がり

0728_06_2
雲海が燃えてゆく

0728_09



まいどお馴染みの景色

ま、この夏はほとんどグズグズ天気で朝から晴れてることがほとんど無く、あんまり太陽さん見に来てないんだけど

なんだか、いつ来ても朝は雲海、になってた気がする

晴れてた時、の話

・・・・・・

ところで「雲海」といえば

去年まではAM7:00~18:00だったかな・・なにせ昼間だけ、しかも一時間に一回の更新だったのが、とりあえず24時間、10分更新に今年やっと、ライブカメラがリニューアルされた津別峠

毎朝のように見てたんですが、この夏、平地の天気に関係なく、ほぼほとんど毎日雲海でした

ここは雨でも、峠からは雲海の上に斜里も羅臼も顔を出してて

見る度に・・・・・・いいな~~~~~~~!って

ただ、画像は去年までの方が良かったかも・・・、ウチのPCのせいかな?、色が変になっちゃた

0728_17
それにしても暑い・・・熱い日でした

もうかんべんして~!

でも、ま、夏はやっぱり暑い方がいいかもね

牛さんたちには酷だけど・・・

・・・

町内、今年はソバの畑が増えて、今あちこち真っ白になってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷えてます

Dsc_3466_0418
寒いな~とは思ったけど

そんなに冷えたの~?

今朝の最低気温、近所のアメダスで-23.4℃!

まあ、確かに窓ガラスは妙に結露してた・・・

Dsc_3479_042312月が凄く寒くて、これは今季は寒い冬だなと覚悟はしてたんだが

年末からずっと気温の高い状態で、ちょっと気が抜けてたところ

いきなり来ましたね~~~

超一級の寒気だそうで・・・

昼間用事で釧路まで行ったのだけど

途中の標茶がまた、スゴイ真っ白になってた

冬の朝の標茶はホントにキレイね

Dsc_3487_0425

夕方になってまたキンキンに冷えてきたよ

TVを見ると、今日は冷えた~!とか、この冬一番の雪~、とか・・・

そして明日はもっと、今季一番の冷え込みを各局こぞって報道

上空5000mで-48℃がすぐそこに迫ってるらしいけど

どんだけ冷えるんでしょうかね~、とりあえず18時でもう-16℃

ここは大雪になる心配はないので、けっこう楽しみだったり・・・・・・

Dsc_3568_0430

どこか出かけてみようかな

でもちょっと天気が、朝ところどころ曇りの予報が混じってるので場所が問題

このところけっこう外してるからね~、日頃の行いかしら・・?

Dsc_3570_0431
行きたいところはいっぱいあるけど、身体はひとつ

ん~~~、ま、出たときの感で決めよう

今日も、早朝出かけてたら・・・いい景色が見られたんだろうなぁ

ちょっと残念

Dsc_3585_0434

| | コメント (2) | トラックバック (0)

忠類川

今日も夕焼け、きれいでした

この頃の夕方の美しさと言ったら、ほんと「どうなってるの?」ってくらい続いてる

嬉しいし、飽きることは無いんだけど

あんまり続くと、(景色に)ちょっと贅沢になっちゃうかも・・・で、画像なし

Dsc_4093_0567

22日夜半から明方まで、一夜の大雪。ほんの一時で、けっこう積ったもんだなぁ

で、24の朝

湿った空気で、何か良いもの見れるかな~?って出てみたけど

ん~~~、あんまり冷えてない

木に積った雪も暖かさに全て消えちゃったし・・凍ってもない。そもそもやっぱり全体量としては大したことなかったみたいだね、雪

Dsc_4111_0568
忠類川から斜里岳。なかなか雰囲気でないけど、本物はもっともっと荘厳

冷え込んだ日には(海まで出ちゃって)来ないけど、今日樹氷になってたらこの景色、素敵だったろうなぁ

ここ、けっこう好きなんだ

Dsc_6232_0574

暗いうちに出てきて

明るくなってみたら、海、日の出の位置にはいつものことだけどやっぱり雲

夏の終りから初冬にかけ、ラッシュのように出現した変形太陽

このところしばらくご無沙汰Dsc_6221_0573_2
尖峰にも朝陽が差して

低いけど、存在感ありありで、かっこいい~

と、この角度だとまるで縮小したような山がすぐ横に

Dsc_6261_0580気温はそうでもないけど、雪の後で湿気があって

新鮮な雪の表面に、霜がキラキラ

white Christmas!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

童話

Dsc_1189_02 先日の四角い太陽、またまた道新に出てましたね~、やっぱり海ではそうとう伸びてたようで・・あっちもこっちも見たいけど・・・・・・・・

昨日の朝も天気が良くて、空気の感じも良い加減

けっこう冷えてたんだけど春近いような淡い色味の朝、太陽にも期待がかかるとこ

Dsc_1205  水平線から顔だして、「やった~!」・・・と、思いきや、その後すぐにまさかの雲

あちゃ~~、まあ、いつものこと

太陽さんの中に雲の波

何度も軽めのグリーンフラッシュが見られたけど、相変わらず写りません・・・

Dsc_1029_01_3 話は変わって、 毎度おなじみ屈斜路湖

わりとよく見られる光景なんだけど、あれ、なんかオモシロそうなものがあるなあ・・って湖岸に下りてみたら

湖面が鏡になってて、その鏡に写った方が光線具合で美しく

いや~、近づいてみないとわからないもんね~

Dsc_1077 夕暮れ前の輝き、冬の屈斜路湖はホント「宝石箱や~」

・・で、やっとここからが本題

そこから見た木々の隙間から

1117_165 え?なんか雰囲気がいい!

水と氷と氷柱と湯煙と・・白鳥

木の陰と湖面にぶつかる夕方斜光の激しいコントラスト

この構図・・・・まるで童話の絵本・・・って!

もちろん、「白鳥の湖」

いいもん見せて頂きました、感謝感謝!

Dsc_1071 時間が経って

更に上がるコントラスト

ステキだわぁ~

でも金色に染まって、ちょっと下品になちゃった?

Dsc_1093_2  一日の終わり、光も和んで

屈斜路湖の白鳥さんは、温泉大好き!冬はここに、湯治に来てるようなもんだもんね。うらやましい~~

でも今日は、オイラもこのあと、spaでまったり  (久しぶりに「HO」で「きたふくろう」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湿原を行く

Dsc_1016_3 ちょっと気が向いたんで、釧路までSLの追っかけしてきた

走行区間ずっと川沿い走ってるくせに、大きな鉄橋はここだけなので、出発して最初で、もしかしたら最大の見物ポイント

行ってみたら見栄えのいい巡光側には氷がなく、すでに人もいっぱい構えてたので、地味な逆光でどうかな?と思ったけど

あはは、なんか笑っちゃうくらい良い景色、楽しい~Dsc_0776_01_2

「湿原号」っていう名前に、いちばん相応しいと感じるのがこの場所

この写真だとあまり伝わらないか?ほとんど人の来ない、静かな場所です

そうねえ、いつも思うんだけど「もちょっと出発がもっと早かったらなあ」

冷えた日だったら、木々たちがお化粧してて花盛り・・・全く違う景色なんだけど

Imgp8017_3 平日だとお客さんも追っかけも少ないねえ、数えるほど。せっかくかっこいいのにもったいな~~い!

ちょっと飽きてきた部分もあると思うのでここはひとつ思い切って

一日、片道のみ一本「網走行」にしましょう!次の日は「釧路行」で・・・もともと本数少ないんだから、どうにでもなるよね

トンネル、鉄橋、おまけに斜里岳まであるよ、それになんといっても、みんな「流氷SL]見たいよね~~~

弟子屈-緑はディーゼル押しでクリアすればいいし、今、なんかすごい鉄道(写真)ブームらしいから、きっとお客さんいっぱい来るよ~

Dsc_0788_01_2 おまけ

タンチョウと重連・・・だけど、うまく撮れないや。位置の選定がダメ(ハズレ)だったんでしょう

・・・・・

これだけ情報溢れる中、何を撮るにしても、作品にするにはとにかく感性(個性、独自性)を磨くか体力勝負、あとはなんといっても運でしょ

でも、勉強したとろで感性ってのはねえ、磨くといってもある程度から先はきっと天性のもの。それに、う~~ん、体力にはすぐ限界が、運ばかりはどうしようったって・・・

美しさ、確実さ、いわゆる「腕」に関しては最新機種+高級レンズに絶対かなわないもんね。ま、でも、人それぞれ環境も好みも違う訳で、うん、自分が楽しければ、それでいいのだ。

まあ、オイラの場合はほとんど運任せ、なので、他人と比べるのはなんか嫌だし、バカらしい

1117_168 追記 2/28

その運に見放された・・つかめなかった画

この後タンチョウが飛び立って、微妙に汽車と重なったのでした

が、予測の甘さから捉えきれず残念な結果に

単焦点レンズと甘いオートフォーカス・・・動くものに対しては、状況に応じ確実な対応をしないと良い画は撮れない訳で。ま、そこが腕なんだろうけどね~、つくづく自分の腕の無さに呆れるばかり

ま、また来年! の、お楽しみが出来たってことで!

1117_1679 雌阿寒の噴煙とSLの煙

どちらもちょっと足りないけど、雰囲気はいいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝陽の中で

Dsc_0945_01  いやぁ~~~あったかいねぇ、こう続くと完全に春だわ

あちこちから豪雪のニュースの飛び込む中、こちらはまったく関係なく、むしろ記録的な雪の少なさ。そういえば東京もぜんぜん雨が降らないようなこと言ってたっけ

そこにきてこのあったかさ、畑の雪も融けるかも?

もしかしたら明日も?・・・・・という訳でまたまた今日も太陽がかっこいい!

まぁ、明後日からまた冬になるらしいけど

・・・・・

そうそう先日の、またまた北海道新聞から

鶴居の音羽橋、物凄いことになってますね~、橋の端から端まで人人人・・・極上の景色だもんね。それこそ写真好きが全国各地から集まって来る訳で、ま~~、凄いわ・・・でも、あの中には、ちょっと並べないなぁ・・・

Dsc_0927

ところで、タンチョウだけなら少数の群れ、一家族くらいなら根釧原野、鶴居じゃなくでもけっこういるもんで、ほらここにも!

だいたい昼間は農家の庭先とかで配合食ってたりしてるんだけど、当然どこかで寝てるわね

そんな場所を探すのも、て言うか、そんな場所を探してる時がいちばん楽しいのかも。そう、どっちかって言うと「良い場所」を見つけたら、もうほとんど満足。あとはただの記録のための撮影だったりする

家に戻って「もっとちゃんと撮ればよかった~!」って後悔することもしばしばだけどね、結局あとから取り直しに行ってみたり(だいたいそんときゃもういない)

Dsc_0924_2 一昨日、-20℃程に下がった朝

朝陽と共に、すんごい川霧

う~~~~ん、そこにいるんだけど・・見えない、うっすら見えたけど・・・ピント合わない、とかなんとか悪戦苦闘

そうこうしてるうち、鶴は中洲の裏側に

いい雰囲気だったけどなぁ、ほとんど作品にはならず・・・coldsweats01

でも、一人で見れるので、ムッチャ気楽

誰もいないのがいちばん!また行こうっと!

でもこんなん書くと、野鳥の会の人とかに怒られそうね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

降雪

1117_161_3 よく走る道沿いなのだけど、考えてみれば雪の日の昼間に通ることはあまりなかったかな

奥のカラマツが雪で霞み、手前の3本のミズナラがちょこっと自己主張

メルヘンチックだね~~~、真三さんになったつもりで「カシャッ」!

雪の演出、根釧に美瑛の丘ができちゃった

| | コメント (0) | トラックバック (0)