30年前の宿題 尾花岬 

今回、こんな遠くまで遥々やって来た一番の理由

それはね~、実は30年前からの宿題が残ってたんだわ

島を除いた、北海道の最西端

当時は北海道最後の秘境岬と、言われてた?「尾花岬」に来ることでした

201308_84
その30年前、なんでここに来たかといえば

ここにある太田山神社(太田権現)の奥の霊場がとんでもなくスゴイんだという
ことで

そうそう、せっかくだから日本海を旅してみようと、わざわざ国鉄で松前

そこから歩き、ヒッチハイク、路線バス

小さな漁村の隠れ海岸を巡りながら、最後のバス停「大成学校前」を降りる時、同乗してた乗客の方に声をかけられ、そのままその方の家に泊めてもらった

その家は漁師で、翌朝、漁から戻って、上がったばかりのイカをゴチソウになり

さらに自転車まで貸してくれて、ゆっくり走ったの太田までの海岸線は、ま~ほんと、どこの観光地にも負けない景色だったな~

今なら車ですぐだけど、何やらやっとやっと辿り着く

今じゃ帆越岬もトンネルになり通行止め

確かにあったはずの立岩もどこへやら

何だか景色も雰囲気も、もう以前の感じでは無くなってました

あたりまえよね、30年だもん

201308_86

そうそう、この上にあるのよね、岩場の洞窟

もちろんこんな立派な鳥居はなかったよなぁ・・・・記憶はないのだが

今日はちょっと、洞窟はパス、興味のある方はネットで調べてね

201308_85_2
その時ここから眺めた「尾花岬」

いつか行こうと心に決めて、後にしてから30年

その時も、記憶では集落の先、何か工事をしてたと思うんだけど

道道北檜山大成線」全線開通

これってNEWSになりました?

今年の4月に開通してたなんて・・・めっちゃ大工事でっせ~、もっともっと大ニュースになってていいよね~

201308_04
ということで、この道

太田からいきなりトンネルで、抜けたところがもう「舟隠」

って、直ぐじゃん!尾花岬!行こ!!!

201308_03

岬を回り込むと

201308_02

あら、もう

短い距離で、呆気無いながらも

一歩一歩が大感動でした

201308_87
帰り、舟隠で夕焼けを、と粘りましたが今ひとつ

しかしまあ、今いるこの場所

道路が無けりゃ、苦労無しでは来れなかった場所

すごいもんだ!

201308_88
浮ぶ奥尻

遠くまで来たな~

201308_140

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡島半島ぶ~らぶら 

201308_80_3
さてさて、海辺の温泉を楽しんだ後も

休業中の温泉

未利用源泉

廃業した温泉跡

温泉スタンド

配管保護の温泉

捨てられた源泉

現役の温泉宿

・・・等々、道南湯めぐり

ま~、忙しいったら

ちょいと内陸に入った、草叢の中、露天風呂にはいつでもお湯があります

ここは不法侵入にならない場所なので、いつでも入浴できますね

でも、あまり人気は無いようです

201308_78

道南にはカッコイイ校舎がけっこう残ってて

でもまあ、ここ数年、残っていた田舎の学校、どれもこれも廃校になっちゃったようですね

これも時代ですが、ホントに寂しい

工房、ギャラリー、アウトドア・・けっこう形は残るけど

やっぱり子供がいないのは、魂が無いんだよね

201308_57

臨時駅?の「あまのがわ」

201308
ちょっと気取ってみたら

ピントが・・・・・・

201308_83

日本海まで来ました

遠いね~~~~~

こちらには無い、バス停の景色に魅かれた

201308_82

そのバス停

名前が

「五勝手」

ちょっと笑えた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

噴火湾  

201308_41
8/20 朝 

5号線沿いのパーキングで目覚めると、ありゃま!

ビックリする程の朝焼けが起きるの待ってた  アセアセ・・

まあ、そんなに上手くはいかんだろうと期待してなかったので、特にアラームもセットせず

でも、雰囲気って言うか、習慣で起きちゃうもんだね~

沖に出てるのはイカ釣り船か

201308_47
焼けた!

ふらっと来た海辺で朝焼けに出会えるなんて、シアワセです

来て良かったわ~~

201308_48
この下はJR函館本線が走っております

一本通ったんだけど焼ける前

この一昨日前の大雨被害、不通区間もあったりてダイヤはバラバラ

この時間に通ってくれたらね~~、ま、そんなことあったら奇跡だ

201308_21
で、ま、この雲

いくらなんでも太陽さんは無理でしょ!

なんて、まさか!

まさか!!

出た~~~~~!

これがまた、良い~い雰囲気

慌ててレンズを変えて

201308_51
ちょうど室蘭あたり・・・? なのかな

けっこう変形してますね~、噴火湾でもきっと見えるんだろうな~「四角い太陽」

201308_24
さて、せっかくなので、さっそく行動しましょうか

201308_70
とりあえず浜に下りてみる

と、この水の流れは♨

噴火湾ってくらいだから、そりゃ無名の温泉一つや二つはアタリマエ

此処しばらく、何やら騒がしくて来てなかったんですが

いつの間にか静かになってましたね~

201308_73
海岸で大量に湧いてます

まあ温度は、南の島の海くらいかな・・・

ここの海と比べたら、そりゃもう完全に温泉ですよ~

201308_69
ちょこちょこっと湯舟を作成
201308_77
こっちも湧き出し

こっちはちょっと砂を掘ればすぐ入れますが、ここは海と相談ね

(ブロックの裏側でも入れますが、景色が・・・)

201308_68
穏やかで気持ちイイ浜でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不夜城  ~  夏休み

201308_08

8/19 朝

今日はなんだか夏の予感

行けるとこまで行ってみよう! ・・・なんて、エアコンの無い車で出かけたら、いやまあ! 暑い暑い!!!!!

十勝まで来たら、そこは30℃を越えた真夏

軽く熱中症になったかな~

車はさらに峠を越えて

暑い中、白老では、これまた火傷しそうな熱いお湯に浸かってみたり

日が暮れても気温はあんまり下がらない

いや~~~、夏だ~~~

あら、久しぶり、夜の室蘭

201308_09
最近のカメラって、手軽に夜景が撮れちゃうのがいいよね~

白鳥大橋、測量山

コンビナートは、子供の頃に見たようなSFの景色

カッコイイ室蘭の夜景

201308_10

で、さらに車は南下

どこまで行けるかな~~~

201308_98_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

然別湖

Dsc_3406_0414


月食がおおかた終わって

湖で星空見ようかな、って然別湖に来たら

あれれ?雲?

空の半分ほど、雲が覆ってしまいました

月も消えて・・・終わるの待ってたの?ありがとね!

ってことで寝ましょかね

で、朝

目が覚めた時はまだ雲が多く、朝陽は微妙~・・・と思っていたら

これが見る見る減ってきて、日の出の頃にはいい感じ!

欲を言えば、ちょっと風・・まあ、そのおかげでうまく雲が散ったのかな

美しい朝に感謝!

・・・

さて、お湯でも行きますか~、って山の温泉に行こうとしたら

え?もう行けないの・・・

いよいよ菅野も、再起不能・・なのかしら

以前はホントに、良い~~~温泉宿だったんだけどね~Dsc_3394_0412

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dsc_3334_0411


なんだかとにかく、ずっと月見てる

寒くなってからというもの、夜はいつも晴れていて、そもそも夜が長い

旅行中は車中泊だったので、否が応でも目に入ったし

東ヌプカのP帯で見てた皆既月食、キレイだったね~~~~~

Dsc_3016_0381

真狩から洞爺湖~久保内~洞爺湖登別線オロフレ峠

ここがまたスゴイ景色になってて

簡単に言えば、一面樹氷の森

薄い雲、というか、寒い霧があたりを覆って・・ここ、どこ??

切れ間から差し込む夕陽を集めた姿には、思わず合掌ものでした

ほんの、一瞬だったけどねーDsc_3130_0389
洞爺湖

日が落ちた後、雲は移動して今度は月が出た

Dsc_3121_0388

なんだか、巡り合わせというか・・ここって、こんな良いとこなんだ~、って

夜間通行止めだからね、あまりゆっくりはしてられないけど、ちょっとお月見14夜Dsc_3100_0387

Dsc_3136_0390

Dsc_3191_0395_3
ちょっと中途半端な画角でした、なかなか上手く撮れないです

でも楽しかったな、寒~~~かったけど・・冷えてまっせ~Dsc_3226_0397_2
で、ところ変わって次の夜

ここも昼間は雪模様だったのだけど、待っていたらあら不思議

びったりのタイミングで晴れた

Dsc_3244_0400

ので、月が出た

十五夜お月さん、うまく月食見れるかな~Dsc_3263_0402


畑の畝がまだ残ってる、なんか、良いぞ!

ここはそんなに積もってないのね

そういえば空知はとんでもない大雪だそうだが

美唄や奈井江はどうなってるんかしら・・Dsc_3265_0403


お・・?、あれは東京行?

そ、空港近いもんね、ここ

なんていってるうちに、月は雲に溺れ、また、雪~~~???

月食は真上だから大丈夫……じゃない感じの、今度は本格的な雪に

ん~~~、どうする?もう暗いけど

しょうがない、移動~!Dsc_3272_0405


で、山を越え

おお、ここまで来れば大丈夫

ここも好きな廃校

以前、こんな辺鄙な場所で「映画祭」なんてやったことも

Dsc_3276_0407


このとき既に月は欠け始め、月夜にひと時、子供たちが遊びだしそうな幻想の夜

さて、どこで見ようかな、皆既月食

もうどこでも良いので余裕です

ゆっくり然別まで行ってみますか~







| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒い日

最近、とにかく寒い。12月ってこんな寒かったっけ?

年のせいかなぁ・・・とも思いつつ、ただ鈍ってるだけでしょって気もするし

おっと、薪割りしないとね

Dsc_2842_0364
おお、ここに薪がいっぱい

もちろん使ってるのでしょうが、積んだ薪も店の飾りにしちゃうところがただ者じゃない

さてさて、定山渓から中山峠を越えて喜茂別~真狩ときたらやっぱりここのパン

Dsc_2845_0509


なんだかいい雰囲気で、つい立ち寄りたくなります

といっても、久しぶりですが・・・

Dsc_3600_0436


パンの他に、買ってしまった・・・旅行中にはちょいとした出費

今年は浜中のパン屋さんに頼んでいたのですが、ついつい

これもまたオシャレだね~、白茶のリボンにセンスが光る

遊び心がないとこうはいかない、んじゃないだろうか、お祭りだからね、クリスマス

シュトーレン、ま、食べたいだけなら、過剰包装??

Dsc_2847_0365


このあとの旅の食事は、ほとんどここのパンに、スープとコーヒー

それでも、充分ゴチソウだよ

Dsc_2851_0366


で、気が付けばもう夕暮れ

昼間あった雲が消え、そこには美しい羊蹄山

あたりまえのようにいる、やっぱりかっこいい

写真撮ってみたけど、ま~、どっから手を付けていいもんかさっぱりわからずパン屋近くの廃校から

ちょっと遅かったみたいだね~

Dsc_2860_0368_2
ちょっとニセコ寄りに移動

日暮れ前から辺りには冷気が漂い、川からは気嵐

ここはそういう(冷気の出やすい)土地なのかなぁ・・・そんなに冷えてるのかしら???

ウチの方では、よほど冷えないと冷気は見えないんだけどな

Dsc_2875_0372


か~~~っこいい~~~~~

孤高の山

Dsc_2899_0373


そして日は暮れ

Dsc_2909_0374


とりあえず温泉

この寒いのに、なぜかぬるい薬師

まったくひとけが無く、完璧に鄙びてた

このあと五色まで上がって熱い湯に・・・

の予定が、なんか営業してる雰囲気じゃないよ??

しょうがないのでそのまま寝袋に潜り込む

Dsc_2917_0377


朝起きたら、車内、水気の物は全て凍ってた

ん~、やっぱり寒いんかな~?

ちょこっと散歩した後、下まで降りたら

いや~、冷えたのね~~~、って景色

そのへん-20℃超まで下がったそうな・・・・最低は喜茂別で-25℃、寒いはずだわ

Dsc_2931_0380


それにしても羊蹄山は美しく・・・うらやましい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カラバトカリー

Imgp1134_0453

札幌なんて行っちゃったら、そこはもう星の数ほど店がいっぱいで

せっかくだからどっか、なんか食べたいな~

で思い出したのがここ

来てみたかったのよ、パキスタン現地の味~~~!

行こう行こうと思いつつ、なんだかんだでなかなか行けないパキスタン

まあその、雰囲気でも味わえればと・・・って

Imgp1136_0455

メニューはひとつ「カレー」のみ

潔さに好感です

盛りの違いで3種類、これは中だけど・・・・けっこう、かなり大盛りでした

が、これがスイスイ腹の中

書いてたら、また食べたくなった

Imgp1138_0457

食後、帰路に付くと思いきや

車は何故か勝手に定山渓?

この店が南区ってのがね~・・・

という訳で、しばらく家出してました

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈井江

Imgp1251_0452
毎年一度は道内に来てるようだけど、先月、HPを見ていたら奈井江町に来るという、しかも、「町民1500円」・・・なんでか奈井江なんてとこには友人がいて

まあ、そこまで行くのは大変なのだから、1500円が3000円でも大差はないのだが、出かける口実には丁度良い

チケットを買ってもらった上、結局、泊り込んで肴までお世話になり・・・ありがとうございました

P1000405_0449

小さなホールってのがまた良いわね、自由席だったけど、あら?いちばん前?

小さな町の上、宣伝もしてないようなので人が集まるのか心配になりましたが、開演までにはそれなりにかっこはついた感じでひと安心

北見以来の、あの日も今頃だったよなぁ・・やはり寒い日で

変わらず、美しい音に素敵な笑顔

震災後、多くの人がそうしたように彼女も福島でLIVEを行い、「夜明け」という曲を書いた、力になれば・・ほんの小さな力ですが、と前置きして

耳に馴染んで、沁みる楽曲、なんか、いい曲書くんだよなぁ・・Venus come again !

BSジャパン放送の「写真家たちの日本紀行」のテーマ曲は、この人の作曲演奏です

ってことで

P1000402_0448

その番組にも出演された方の写真展にも行ってきたよ~

ガラスの壁越しに、もうあの太陽が見えてます、三段目のやつね、一緒に見てた

入ってみるともう、ほんとに素敵な写真満載

ストレートに美しいのもあれば、デジタルならではの作品もあり

いくつになっても求道、進化というのは、前回札幌に来たときの画の先生にも似てるかも

本人には「最初と最後しかいないよ」、って言われてて 

色々説明とか聞きたかったけど、ま、しょうがないわね

またどこかで会えたらいいな

サワンチサップは衝撃でしたね~、あんなに上手いこといく?・・・・・・参った!!



| | コメント (0) | トラックバック (0)